小松光利先生SNSや顔画像特定か!自宅や家族(妻・子供)は?札幌市立篠路西小学校教員!

札幌市の小学校の教諭が自宅に覚醒剤を隠し持っていたとして逮捕されました。

逮捕されたのは、札幌市立篠路西小学校の教諭で、札幌市北区に住む小松光利容疑者です。

小松光利容疑者のSNSや顔画像特定か!自宅や家族(妻・子供)について気になります。

小松光利容疑者はどんな人物なのか気になりましたので詳しく調べてみました。

スポンサードリンク

小松光利容疑者事件について

小松光利容疑者事件についてです。

札幌市の小学校の教諭が自宅に覚醒剤を隠し持っていたとして逮捕されました。警察が入手先などを調べています。

逮捕されたのは、札幌市立篠路西小学校の教諭で、札幌市北区に住む小松光利容疑者(57)です。
警察の調べによりますと、小松容疑者は今月8日、自宅の寝室におよそ0.1グラムの覚醒剤を隠し持っていたとして、覚醒剤取締法違反の疑いが持たれています。
認否については明らかにされていません。
また、警察によりますと、小松容疑者は勤務先の小学校で1年生のクラス担任をしているということです。
警察が入手先などをさらに調べています。
教諭の逮捕を受けて、札幌市教育委員会の長谷川雅英教育長は「子どもたちの教育に携わる学校職員が逮捕されたことは大変遺憾であり、極めて深刻な事態であると重く受け止めている。今後、速やかに事実関係を確認し、厳正に対処する」とコメントしています。

学校関係者の不祥事が全国で多くなっています。また57歳で覚醒剤を使用という事でストレスなどがあったのでしょうか。

最近では名古屋でも消防士局司令長の偉い方が覚醒剤で逮捕されています。

まずはしっかり反省してほしいですね。

入手経路や使用目的など今後の捜査に注目ですね。

スポンサードリンク
 

小松光利容疑者SNS顔画像特定か!

小松光利容疑者のSNS(Facebook・Twitter)顔画像についてです。

小松光利容疑者顔画像が気になります。

いったいどんな人物か気になりますが顔画像についてはまだ公開されていません。

公開には時間の問題だと思いおますが引き続き調査します。

現在ネット上でも発見できていません。

小松光利容疑者のSNS(Facebook・Twitter)アカウントについては同姓同名のアカウントはありませんでした。

57歳ですしSNSはやっていない可能性が高そうですね。

スポンサードリンク
 

小松光利先生wikiプロフィール

小松光利先生wikiプロフィールです。

現在わかっている事をまとめます。
名前:小松光利
年齢:57歳
職業:札幌市立篠路西小学校教諭
住所:幌市北区あいの里3条
容疑:覚醒剤取締法違反

スポンサードリンク

小松光利容疑者の自宅の場所(住所)は?

小松光利容疑者の自宅の場所(住所)についてです。

今回、自宅で覚醒剤が見つかっています。

小松容疑者は今月8日、自宅の寝室におよそ0.1グラムの覚醒剤を隠し持っていたとして、覚醒剤取締法違反の疑いが持たれています。

小松光利容疑者の自宅の場所(住所)はどこなんでしょうか。

小松光利容疑者の自宅の場所(住所)は幌市北区あいの里3条という事がわかっています。

札幌市北区あいの里がこちらです。

整備された住宅街のようです。一軒家の可能性が高そうですね。

小学校も北区にありますので勤務先の札幌市立篠路西小学校に近くに自宅があったようです。

こちらが札幌市立篠路西小学校です。

同僚の先生や生徒や保護者もビックリですね。

子供たちの心のケアもしっかりしてあげてほしいですね。

スポンサードリンク

小松光利容疑者家族家族(妻・子供)は?

は妻のページへ

小松光利容疑者家族家族(妻・子供)は?

小松光利容疑者の家族(妻・子供)についてです。
現在、57歳という事で普通なら結婚して妻や子供がいてもおかしくない年齢ですね。

家族や結婚して子供がいるかなどプライベート情報に関しては現在わかっていません。

教員で安定していますし、自宅も整備された住宅地のようです。

そうなるとファミリー向けで一軒家所有の可能性が高いです。そこで一人暮らしは考えにくく、妻や子供がいる可能性は高そうですね。

しかし、今回自宅で見つかったという事で家族がいたら異変にきずきそうですが隠していたんでしょうか。

家族がいたとしたらショックでしょうね。

スポンサードリンク

まとめ

今回、小松光利容疑者についてまとめました。最近はベテラン教諭の事件や年齢が高い人の覚醒剤使用で逮捕も多くなっています。

本当にビックリします。

まずは、しっかり反省してほしいですね。

コロナの影響などストレスが多くそういうものに手を出してしますのでしょうか。

薬物は手を出してはダメですね。今後しっかり薬物から抜け出せるように治療してほしいですね。