京都の夏の風物詩で、16日夜に行われる「五山送り火」でともされる「大」の字を8日夜、何者かが勝手にライトアップされました。

大文字焼きイタズラ点灯犯人は誰?名前や画像について気になります。

大文字焼きイタズラ点灯犯人について気になりましたので詳しく調べてみました。

スポンサードリンク

大文字焼きイタズラ点灯について

大文字焼きイタズラ点灯についてです。

を8日夜、何者かが勝手にライトアップされたということでイタズラの可能性が高いですね。

 

京都のお盆の伝統行事「京都五山送り火」は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、ことしは規模を大幅に縮小し、文字や形を描かずに実施されます。実施を前にした8日夜、送り火が行われる山に何者かが光で「大」の形の文字を浮かび上がらせていました。

「京都五山送り火」は毎年8月16日の夜、京都市を囲む山々に「大」や「船形」など5つの文字や形を炎で浮かび上がらせるお盆の伝統行事で、ことしは新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、規模を大幅に縮小し、文字や形を描かずに実施されることが決まっています。

ところが8日午後11時ごろ、京都市左京区の送り火が行われる山の如意ヶ嶽に、「大」の文字が点灯しているという通報が地元の保存会や警察に寄せられました。目撃した人が撮影した写真では、やや白い光で「大」の形の文字が浮かび上がっているのが確認できます。

大文字保存会によりますと何者かが山に登って無断で私有地に入り、大がかりな照明などを用いてライトアップしたとみているということです。

大文字保存会の長谷川英文理事長は「お盆に迎えた先祖の霊を送る大切な儀式を汚す行為だ」として、再発防止に向けて警察に相談するなど対応を協議しています。

 

8月16日夜の「五山送り火」で「大」の字をともす如意ケ嶽で8日夜、「大」の形にライトアップされたことが分かった。何者かが山に登り、点灯したとみられるが、真相は不明。

・8日午後11時すぎ、「大」の字がともっている画像がツイッターに公開された。京都市文化財保護課も9日朝になって点灯の画像をツイッターで確認したといい、「今夏の送り火は新型コロナウイルスに伴い自粛対応することもあり、地元の思いを考えるといたずらの域を越えている。盆に迎えた先祖の霊を送る伝統行事の本義を考えてほしい」としている。

・大文字保存会の長谷川英文理事長は川端署に相談したといい、「周到に準備されていたようで非常に腹立たしい。行政や警察とも連携を取りながら、2度とこのようなことがないようにしたい」と話している。

 

こちらが今回の点灯画像です。

 

誰がイタズラをしたんでしょう。

迷惑行為ですね。

大文字焼きイタズラ点灯写真を撮った方のインタビューがニュースで流れました。

このインタビューの方がイケメン過ぎてやばいです。

気になったのでまとめてみました。

スポンサードリンク

大文字焼きとは?

大文字焼きについてです。

大文字焼き(だいもんじやき)とは、「大」の字を象った文字を松明の炎で描く行事に対し一部で使用される俗称である。

いわゆるお盆(旧暦の7月15日頃)の時期に彼岸へ祖先の霊を送る送り火として行われることが多く、代表格である京都の五山送り火(ござんのおくりび)をはじめとして、実際には「〜焼き」という呼称は使われていない場合が多い。

現在、催しの名称として「大文字焼き」を採用しているのは、関東周辺の一部地域に限られる。

山肌は不安定であり、消防署への負荷も避けるため、大文字をLED照明に置き換えた事例が存在する

京都の夏の風物詩でゆうめいですよね。

スポンサードリンク
 

 

大文字焼きイタズラ点灯犯人は誰?

大文字焼きイタズラ点灯犯人は誰なんでしょうか。

現在のところ犯人の特定はできていません。

 

こちらが今回の点灯画像です。

そして、こちらが五山送り火の画像です。

完全に違いますね。

 

今回の点灯はライトのような明かりですね。

 

ネット上では迷惑YouTubeや京大生ではなどの憶測が飛び交っています。

いずれにせよ誰かがやらなければ点灯はしないので、公式ではないとなるとイタズラですね。

スポンサードリンク

大文字焼きイタズラ点灯犯人名前や画像は?

は次のページへ



おすすめの記事