京都府警察(下京署)遺体写真流出の警部補は誰?名前や顔画像特定か!なぜ?動機は?

京都府警が捜査した殺人事件をめぐり、被害女性の遺体の写真が外部に流出していたことがわかりました。
警部補はなぜ流出したんでしょうか?

京都府警察遺体写真流出の警部補は誰なのか名前や顔画像が気になりましたので詳しく調べてみました。

 

スポンサードリンク

京都府警察遺体写真流出に件について

京都府警察遺体写真流出に件についてです。

京都府警が捜査した殺人事件をめぐり、被害女性の遺体の写真が外部に流出していたことが、捜査関係者への取材でわかった。府警は、下京署の男性警部補が流出に関わったとみて、地方公務員法違反容疑での立件も視野に、経緯を詳しく調べている。  捜査関係者によると、流出した写真は昨年10月、京都市下京区の住宅で、刺殺された女性(当時24)のもの。捜査の証拠写真を接写したとみられる画像だといい、警部補の知人女性が所持していた。女性は府警の職員ではなく、事件とも無関係だという。  この女性が警部補とのトラブルを府警に相談した際、警部補から遺体の画像が送られてきたと申告。女性が持っていた画像を府警が確認し、流出が明らかになった。この女性のほかに画像が広まった形跡は確認されていないという。  警部補は殺人事件の捜査本部が置かれていた下京署の刑事課に所属していたが、事件の捜査には関わっていなかった。画像について、府警の聴取に「別の警察官から送ってもらった」と話しているという。  この殺人事件では、東京都葛飾区の無職男性(20)が昨年12月、殺人などの罪で起訴された。現在、裁判員裁判に向けて、争点や証拠を絞り込む手続きが進んでいる。

警察の立場を利用して知人女性に遺体写真を送るとは信じられませんね。
こういうことがあると警察の信用がなくなっていきます。
しっかり捜査して突き止めてほしいですね。

今後の警察の捜査に注目ですね。

スポンサードリンク

京都府警察遺体写真流出の警部補は誰?

京都府警察遺体写真流出の警部補は誰なんでしょうか。
現在の所、京都府警、下京署の警部補が写真を流出した事がわかっています。
警部補は男性です。

その他の情報はわかっていません。
情報が入り次第追記します。

スポンサードリンク

京都府警察遺体写真流出の警部補名前や顔画像特定か?

京都府警察遺体写真流出の警部補名前や顔画像が気になります。
現在の所、名前、顔画像とも公開されていません。

今後、公開される可能性もあります。
ネット上で探しましたが特定できる情報はありませんでした。

スポンサードリンク

京都府警察遺体写真流出はなぜ?

京都府警察遺体写真流出はなぜなんでしょうか。

流出した写真は昨年10月、京都市下京区の住宅で、刺殺された女性(当時24)のもの。
捜査の証拠写真を接写したとみられる画像だといい、警部補の知人女性が所持していた。
女性は府警の職員ではなく、事件とも無関係だという。

無関係な人に写真を送るなんて信じられません。
女性が依頼したのか警部補が勝手に送ったのかわかりませんが、なぜ送ったのでしょうか?
まず警部補の自分の携帯やパソコンなどにその画像が入っていたという事が大きな問題ですね。

しっかり、反省してほしいですね。

スポンサードリンク

京都府警察(下京署)遺体写真流出ネットの反応は?

遺体写真流出ネットの反応についてです。

刺殺された被害者の写真は、刑事裁判の証拠として提出されることが多くありますが、裁判員裁判の場合、白黒写真にしたり、イラストで代替したりすることも少なくありません。これは、生々しい証拠に接することによる裁判員の心理的負担を軽くするためです。
こうした写真を外部に流出させた事実があるとしたら、それは二重の意味で許されない行為です。写真を目にすることになった方に心理的負担を与えるとともに、亡くなられた被害者の尊厳を踏みにじることにもなります。
真相究明が求められるでしょう。
何が目的だったのかは分からないが、故人の尊厳、そしてその家族のことを思えば、「流出してしまいました」の一言で済む話ではない。
トラブルのあった相手に送ったということは
見せ物というより嫌がらせか脅しでは?
より悪質な気がします。

氷山の一角。

S県警H署は、押収された児童ポルノを署内で違法コピー、署員たちの間でこっそり配布していた。

世間にバレて大問題になったため、仕方なく署員一人に全責任を押しつけて、騒動の沈静化をたくらんだ。

やはり厳しい意見が多いです。
また氷山の一角と言う意見もあったので、本当だったらヤバいですね。
今後どうなるか注目ですね。

 

スポンサードリンク

まとめ

今回、京都府警察遺体写真流出の警部補についてまとめました。
現在情報が少ない状況です。
引き続き調査して情報が入り次第追記します。