ツボクラ(坪倉優介)激レアさんのwiki経歴!今現在は草木染め作家でゆうすけ工房とは?記憶喪失で後遺症は?

今回の激レアさんはツボクラ(坪倉優介)さんが登場します。

一体何が激レアなのでしょう。

wiki経歴、今現在は草木染め作家が気になります。

ゆうすけ工房とは?記憶喪失で後遺症は?と共に詳しく調べました。

スポンサードリンク

  • 坪倉優介(草木染め作家)wikiプロフィール(大学・年齢)
  • 坪倉優介(草木染め作家)記憶喪失や経歴は?
  • 坪倉優介(草木染め作家)今現在は草木染め作家!
  • ゆうすけ工房の場所や作品は?
  • 坪倉優介(草木染め作家)記憶喪失で後遺症は?
  • まとめ

坪倉優介(草木染め作家)wikiプロフィール(大学・年齢)

坪倉優介(草木染め作家)wikiプロフィール(大学・年齢)です。

名前:坪倉優介(つぼくらゆうすけ)

生年月日:1970年12月25日

年齢:49歳

出身:大阪府門真市

学歴:大阪芸術大学工芸学科染織コース

職業:草木染作家

大学一年生の時にバイク事故にあい、それまでの記憶がなくなりました。

この体験をもとに記憶喪失を乗り越えたことや、命の大切さを伝える講演を行なっています。

スポンサードリンク

坪倉優介(草木染め作家)記憶喪失や経歴は?

坪倉優介(草木染め作家)記憶喪失や経歴です。

子供の頃から絵を描くことが好きな少年でした。

そこで大阪芸術大学へ進み、授業には息をするのも忘れるくらい緊張しながら臨み、見るもの聞くもののすべてが新鮮で、その傍ら友人とのおしゃべりといった大学生ならではの息抜きも楽しんでいました。

そんな大学生活をおくっていた1年生のときにバイク事故にあい、それまでの記憶がなくなりました。

僕課題を徹夜で仕上げ、染色実習に遅刻しないようにスクーターで通学し、その大学からの帰りに交通事故に遭いました。

2001年にその経験に基づく著書『ぼくらはみんな生きている18歳ですべての記憶を失くした青年の手記』を出版し、2年後には2003年にはドラマ化もされました。

現在は染色家として活躍しており、1996年に工房「夢祐斎」入社し京都の染色家奥田祐齋に師事しました。

1996~2003年、京都市の染工房夢祐斎で草木染め作家として活動したのち、2004年ヨーロッパを中心に海外へ旅に出ます。

2005年からは国内を旅して、2006年大阪市で「ゆうすけ工房」を設立します。

スポンサードリンク

坪倉優介(草木染め作家)今現在は草木染め作家!

坪倉優介(草木染め作家)今現在は草木染め作家です。

2006年大阪市で「ゆうすけ工房」を設立します。

大阪市浪速区にあります。

全国から様々な草木を集め着物中心に染色作品を制作する毎日です。

桜、桃、どんぐり、笹など、さまざまな植物での草木染を行っています。

熱烈なファンも多いです。

スポンサードリンク

ゆうすけ工房の場所や作品は?

ゆうすけ工房の場所や作品です。

工房は大阪市浪速区にあります。

100パーセント草木だけで染める制作方法は珍しく、出来上がった着物は「坪倉カラー」と呼ばれています。

坪倉優介にしか出せないカラーです。

桜、桃、どんぐり、笹、姫リンゴ、プルーンなど、さまざまな植物で染めています。

今までに日本全国で200回以上の展示会をひらいていますよ。

スポンサードリンク

坪倉優介(草木染め作家)記憶喪失で後遺症は?

は次のページへ

坪倉優介(草木染め作家)記憶喪失で後遺症は?

坪倉優介(草木染め作家)記憶喪失で後遺症です。

1989年6月5日、雨が降る日の夕方、帰宅途中にスクーターに乗っていたところ停車中のトラックに激突しました。

この大学時代のバイク事故によりそれまでの記憶を全て失います。

両親のことも、友人のことも、自分自身のことすべて忘れていました。

記憶だけでなく、食べる、眠る、トイレなど、生きていくのに必要な能力を失い、お金や漢字まで忘れてしまいました。

例えば、食事の時に出されたお米は「きらきら光る、つぶつぶ」としか思えなかったと言います。

食事でも出されたものは、出されただけ食べてしまい、テーブルの前にすわって、苦しそうにしているなと思うと、テーブルに並べた食べ物が全部なくなっているという状態です。

満腹ということがわからなかったといいます。

事故に遭って数年間、坪倉優介は昔の自分に戻ろうと必死でした。

過去のアルバムを読みあさったり、事故前に読んだ本やマンガを読み返したりするものの全く思い出すことができませんでした。

もちろん、今も事故前の記憶は戻っていません。

スポンサードリンク

まとめ

記憶喪失というとドラマや映画の世界と思いきや現実にあるのですね。

しかも周りの人たちや思い出がなくなるだけでなく、自分自身の身の回りのこともわからなくなるのですね。

坪倉優介さんは、食事やトイレ、熱い冷たいなんかもわからなくなったと言っていたのでそうとう大変だったと思います。

ご家族や友人の支えが大きかったでしょうね。

今は前向きに毎日を過ごされていますが、その計り知れない壮絶な体験の話がすごいですね。

是非本も読んでみようと思いました。