今回の劇レアさんはコイト(瀧川鯉斗)が登場します。

元総長です。

現在はイケメン落語家と話題です。

暴走族チームや結婚や彼女が気になります。

詳しく調べました。

スポンサードリンク

瀧川鯉斗(落語家)wikiプロフィール(本名・年齢)

瀧川鯉斗(落語家)wikiプロフィール(本名・年齢)です。

名前:瀧川鯉斗(たきがわこいと)

本名:小口 直也(おぐちなおや)

生年月日:1984年1月25日

年齢:35歳

出身:生まれは東京、育ちは愛知県名古屋市

職業:落語家

所属:落語芸術協会、ぐあんばーる

落語界でナンバーワンのイケメンといわれています。

そのルックスでファッション誌に登場することもあります。

若い女性ファンが多いです。

ちなみに元暴走族総長でもあります。

面白い経歴の持ち主です。

スポンサードリンク

瀧川鯉斗(落語家)落語家の経歴は?

瀧川鯉斗(落語家)落語家の経歴です。

生まれは東京です。

父親の転勤で3歳の時に北海道札幌市、愛知県名古屋市と移り住みます。

幼少期からスポーツは万能で野球部、サッカー部所属していました。

また、リトルリーグやクラブチームでも活動していました。

中学時代はキーパーとして県代表チームのトレーニングにも参加し、将来有望な選手として期待されていました。

「いつか日本代表としてW杯に出られるかもよ」と期待されるほどでした。

しかし、この頃から生活態度が乱れ、サッカー推薦による高校進学も断念します。

暴走族に入ったのは15、16歳です。

数年後、暴走族の12代目総長をし、多い時は300人の仲間を連れて、名古屋市内を走っていました。

2002年上京し、飲食店でアルバイトをしながら生活を始めます。

たまたまアルバイト先の飲食店で現在の師匠である滝川鯉昇の落語独演会があり、一目惚れします。

そのまま打ち上げの席で弟子入りを直訴し、入門を認められました。

スポンサードリンク

瀧川鯉斗(落語家)暴走族チームやサッカーもうまい!

瀧川鯉斗(落語家)暴走族チームやサッカーもうまい!です。

サッカーはキーパーとして活躍していました。

暴走族に入ったのは15、16歳です。

昼はサッカー、夜は暴走族という生活でした。

暴走族のチームは天白スペクター

というチームで結構有名なチームだったみたいです。

数年後、暴走族の12代目総長をし、多い時は300人の仲間を連れて、名古屋市内を走っていました。

暴走行為の時のポジションは、けつまくです。

けつまくは、最後尾を走り、警察車両を阻止する役割です。

18歳を迎える目前に暴走族を引退します。

スポンサードリンク

瀧川鯉斗(落語家)結婚や彼女は?

は次のページへ



おすすめの記事