本名善兵衛(ほんなぜんべえ)wikiプロフィール(経歴・読み方)!年収や妻は?薄皮饅頭柏屋の通販お取り寄せや購入方法【カンブリア宮殿】




今回のカンブリア宮殿は、薄皮饅頭柏屋の本名善兵衛(ほんなぜんべえ)です。

本名善兵衛のwikiプロフィール(経歴・読み方)や年収や妻が気になりますね。

薄皮饅頭柏屋の通販お取り寄せや購入方法共に詳しく調べました。

スポンサードリンク

  • 本名善兵衛(ほんなぜんべえ)wikiプロフィール(読み方・大学)
    本名善兵衛(ほんなぜんべえ)の経歴は?
    本名善兵衛(ほんなぜんべえ)結婚した妻や子供は?
    柏屋の薄皮饅頭取扱店はやおすすめ?
    薄皮饅頭通販お取り寄せは?
    まとめ

本名善兵衛(ほんなぜんべえ)wikiプロフィール(読み方・大学)

本名善兵衛(ほんなぜんべえ)wikiプロフィール(読み方・大学)です。

名前:本名善兵衛(ほんなぜんべえ)

襲名前:本名幹司

生年月日:1955年2月14日

年齢:64歳

出身:福島県郡山市

学歴:福島県立安積高等学校、東京農業大学短期大学

職業:柏屋代表取締役(五代目)

薄皮饅頭で有名な柏屋は嘉永5年(1852)の創業です。

すごい歴史があるお店です。

もともとは、郡山宿の本陣隣で旅籠を営んでいましたが、宿の茶店で饅頭を売ったのが、大変好評で、これがお菓子屋に変えるきっかけとなりました。

薄皮饅頭を創案した柏屋の初代は本名善兵衛でした。

以後、柏屋の当主は代々善兵衛を襲名していき、現在は五代目となります。

スポンサードリンク

本名善兵衛(ほんなぜんべえ)の経歴は?

本名善兵衛(ほんなぜんべえ)の経歴です。

誕生時の名前は、本名幹司でした。

柏屋の当主は代々善兵衛を襲名していくことから、本名幹司から、のちに本名善兵衛となります。

1977年 株式会社柏屋に入社します。

昭和61年8月の集中豪雨で柏屋の工場が水没しました。

その時常務だった本名幹司は、突然社長就任を命じられ、柏屋の業績は芳しくなく、その上に水害があり、最悪の時期に就任となります。

この年1986年代表取締役就任します。

しかし、大きな危機を切り抜けたことで社員の気持ちが一つになって、逆に社を立て直す事ができました。

2012年 五代目 本名善兵衛 襲名します。

柏屋の家訓の一つ、「こころの伝承」を胸に、日々活躍していますよ。

東京や仙台などにも店がありますが、もう拡大はせず、県内に重点を置いていく事を考えています。

「最大企業よりも最良企業です。今考えていますのは、薄皮饅頭をさらにおいしくすること、お客様に喜んでいただけるお菓子を作っていくことです」と本名善兵衛は語っています。

スポンサードリンク

本名善兵衛(ほんなぜんべえ)結婚した妻や子供は?

本名善兵衛(ほんなぜんべえ)結婚した妻や子供です。

本名善兵衛の結婚や子供についてはわかりませんでした。

年齢からすると、結婚して子供がいてもおかしくらないですよね。

孫がいてもおかしくない年齢です。

優しそうな癒しの雰囲気を持つ本名善兵衛ですから、子供がいたら、優しいおとうさんになりそうですよね。

スポンサードリンク

柏屋の薄皮饅頭取扱店はやおすすめ?

柏屋の薄皮饅頭取扱店はやおすすめです。

取扱店舗です。

東京柏屋
東京都豊島区南大塚3-53-10

那須高原柏屋
栃木県那須郡那須町高久乙字湯道東5275-1

宮城柏屋エスパル店
宮城県仙台市青葉区中央1-1-1 (ターミナルビル「エスパル」内)

柏屋本店
福島県郡山市中町11-8

福島県には、本店の他にも取扱店舗が沢山あります。

福島県外には上記の三店舗しかありませんが、地元福島には沢山あり、本名善兵衛の「県内に重点を置いていきたい」という考えがわかりますね。

また、ホームページでの販売、催事情報では、関東、関西、九州、東北、北海道でも開催されているのがわかりますが、取扱商品のラインナップが少なく、取扱数も少ないでしょう。

柏屋といえば、薄皮饅頭なので、やはりおすすめは薄皮饅頭です。

こしあんとつぶあんがありますよ。

その他、生菓子やケーキ、ゆべしもあります。

スポンサードリンク

薄皮饅頭通販お取り寄せは?

薄皮饅頭通販お取り寄せです。

楽天市場で購入できます。

薄皮饅頭は、少量からも購入できます。

饅頭5個入り594円です。

少し試してみたい方にぴったりですよね。

その他、8個、10個、15個入りとあるので用途に合わせて購入できますよ。

薄皮饅頭だけでなく、柏屋からのお勧め品として花ことばというお菓子があります。

バニラ風味のしっとり柔らかく、もっちりとした皮に包まれたのバニラ風味のお菓子です。

パッケージもブルーの花が目を惹く、鮮やかなで可愛らしいものです。

自分で楽しむだけでなく、贈り物にも良いですね。

喜ばれると思います。

スポンサードリンク

まとめ

ものすごく歴史を感じられる柏屋でした。

前進していくだけでなく、本名善兵衛が語っていた、「最大企業よりも最良企業です。今考えていますのは、薄皮饅頭をさらにおいしくすること、お客様に喜んでいただけるお菓子を作っていくことです」という考えもあるのだなと、新鮮な気持ちになりました。

社長らしいギラギラした感じではなく、ふるさと福島県で美味しいお菓子を守り続ける本名善兵衛は素敵ですね。

今後も薄皮饅頭柏屋のファンが増える事でしょう。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする