スポンサードリンク

今回のプロフェッショナルは、高橋藤一(伝説の杜氏)の雪の芽舎[日本酒]がピックアップされます。

毎回、それぞれの分野で活躍するトップを特集するプロフェッショナル、面白いですよね。
雪の芽舎のお取り寄せ(通販)購入方法、齋彌酒造店(さいやしゅぞうてん)場所が気になりますよね。

主役の高橋藤一のwikiも気になったので、詳しく調べました。

 

スポンサードリンク

  • 高橋藤一(伝説の杜氏)wikiプロフィール(年齢・受賞歴)
  • 高橋藤一(伝説の杜氏)の経歴は?
  • 齋彌酒造店(さいやしゅぞうてん)場所やアクセスは?
  • 高橋藤一(伝説の杜氏)の雪の芽舎[日本酒]とは?
  • 雪の芽舎[日本酒]口コミ評判は?
  • 雪の芽舎(ゆきのぼうしゃ)お取り寄せ(通販)購入方法は?
  • まとめ

高橋藤一(伝説の杜氏)wikiプロフィール(年齢・受賞歴)

高橋藤一(伝説の杜氏)wikiプロフィールです。

名前:高橋藤一(たかはしとういち)

生年月日:1945年

年齢:74歳(2019年現在)

出身:横手市

在住:秋田県由利本荘市

全国に酒造場は約1,600場あります。

その中でも、高橋藤一は、伝説の杜氏と有名な方です。

恥ずかしながら、杜氏とは何かよくわからなかったので、調べました。

「とうじ、とじ」と読み、日本酒の醸造工程を行う職人集団、すなわち蔵人の監督者であり、なおかつ酒蔵の最高製造責任者の事です。

なんだかとてもかっこいいですね。

高橋藤一の作るお酒、飲んでみたいです。

スポンサードリンク

 

高橋藤一(伝説の杜氏)の経歴は?

高橋藤一(伝説の杜氏)の経歴です。
19歳で北仙酒造(旧角館町)に入り、酒造りに携わります。

30歳の頃には、吉井酒造(弘前市)に勤めており、杜氏資格を取得します。

41歳から齋彌酒造店(由利本荘市)の杜氏として酒造りをします。

2001年オーガニック工場の認定を受け、翌年、日本初のオーガニック日本酒を醸造。全国新酒鑑会、秋田県清酒品評会、東北清酒鑑評会などで多数受賞します。

05年全国新酒鑑評会でなんと7年連続金賞受賞します。

現在、齋彌酒造店取締役製造部長として活躍しています。

日本酒造りのために生まれてきたといっても過言ではない高橋藤一です。

日本酒の歴史に名を残す、生きる伝説ですね。

 

スポンサードリンク

齋彌酒造店(さいやしゅぞうてん)場所やアクセスは?

齋彌酒造店(さいやしゅぞうてん)場所やアクセスです。

株式会社齋彌酒造店
秋田県由利本荘市石脇字石脇53
0184-22-0536(代表)
営業時間:午前8時~午後5時
土・日・祝日、年末年始、盆は休み
羽後本荘駅から1,239m

ホームページには、Englishのページもあり、外国人にもやさしいですよ。

この辺りの地域では、毎年1月中旬には伝統行事である「新山神社裸参り」が開催され、多くの人でにぎわうのです。

 

スポンサードリンク

高橋藤一(伝説の杜氏)の雪の芽舎[日本酒]とは?

高橋藤一(伝説の杜氏)の雪の芽舎[日本酒]です。

 

斎彌酒造は「由利正宗」というブランド名で知られていますが、「雪の茅舎」はその蔵元が吟醸酒などの高級酒を販売するときの統一名ですね。

雪の芽舎といっても、種類がたくさんあり、値段も様々です。

季節商品の限定のものもありますよ。

「秋田酒こまち」を栽培し、お酒を生み出しています。

純米酒以上のお酒には、「櫂入れをしない」「濾過をしない」「割り水をしない」の「三無い造り」を特徴としています。

酵母の働きにまかせて、長い時間をかけてじっくり醸し、そのお酒をそのまま加工することなく、加水もせずに出荷するという、お酒本来の味を大切にしているこだわりがありますよ。

 

スポンサードリンク

雪の芽舎[日本酒]口コミ評判は?

雪の芽舎には、種類がたくさんあります。

大吟醸雪の芽舎は、爽やかな果実を想わせる香りと軽快な喉ごしを見せる杜氏入魂の自信作で、極めて完成度の高い大吟醸の逸品です。

純米吟醸雪の芽舎は、ふくよかで上品なのど越しとほどよい香りが生きています。

様々な種類を購入して飲み比べも楽しいですね。

贈り物にもいいですね。

 

スポンサードリンク

雪の芽舎[ゆきのぼうしゃ]お取り寄せ(通販)購入方法は?

雪の芽舎[ゆきのぼうしゃ]お取り寄せ(通販)購入方法です。

楽天市場で購入できます。

現在、楽天セール開催中ですので、購入なら、今がお得ですね。

雪の芽舎[ゆきのぼうしゃ]のリンクを貼っておきます。

下記から購入できます。

楽天スーパーセールと送料無料のものもありますので買うなら今がおすすめです。

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

まとめ

高橋藤一のこだわりが詰まった日本酒です。

日本が世界に誇るお酒の1つですね。

お料理に合わせて、是非飲んでみたいです。

雪の芽舎という名前も素敵ですよね。

雪に埋もれた茅葺き屋根の農家が点在している冬景色」から命名したそうです。



おすすめの記事