右近由美子(おにぎり)の年収やWiki経歴や年齢は?お店ぼんごの場所やおすすめメニューや口コミ評判は?【セブンルール】

今回のセブンルールは右近由美子が登場します。

おにぎり屋です。

年収やWiki経歴や年齢が気になります。

お店ぼんごの場所やおすすめメニューや口コミ評判とともに詳しく調べました。

スポンサードリンク

  • 右近由美子(おにぎり)wikiプロフィール(年齢・出身)
  • 右近由美子(おにぎり)の経歴は?
  • 右近由美子(おにぎり)お店ぼんごの場所?
  • おにぎり専門店ぼんごのおすすめメニューや口コミ評判は?
  • 右近由美子(おにぎり)の年収は?
  • まとめ

右近由美子(おにぎり)wikiプロフィール(年齢・出身)

右近由美子(おにぎり)wikiプロフィール(年齢・出身)です。

名前:右近由美子

年齢:67歳

出身:新潟県

思い出のおにぎり:うにくらげ、高菜、青しそ

職業:おにぎりぼんご代表、女将

日本の代表的な家庭料理、おにぎりの専門店の代表です。

右近由美子は2代目代表です。

先代の右近祐は旦那です。

右近由美子はメディアにもよく登場するので、顔を見たことのある人も多いでしょう。

ぼんごではまるでお寿司屋さんのように注文を受けてから目の前で握ってくれます。

あつあつのご飯にパリパリの海苔が巻かれていて、シンプルな味が美味しいです。

米は右近由美子の出身地である新潟産コシヒカリを使っています。

スポンサードリンク

右近由美子(おにぎり)の経歴は?

右近由美子(おにぎり)の経歴です。

新潟県に誕生します。

新潟でOLをしていましたが、とにかく厳格な父が大嫌いでした。

父が嫌いで二十歳手前で家出をします。

ツテもなく上京し、上野の喫茶店で働きながら寮生活をします。

ある日、友人におにぎり屋ぼんごに連れて行ってもらいます。

ぼんごは昭和35年に右近祐が開業しました。

開業時は大塚駅前で店を開きましたが、2000年に現在の金田ビルに移転します。

右近由美子はぼんごにハマり、よく通っているうちに先代店主の右近祐と結婚し、現在の2代目代表となります。

右近祐からの猛アタックを受けて結婚したといいます。

なんと年の差27歳です。

右近祐が51歳、右近由美子が24歳の時です。

右近由美子は現在おにぎりの具の味付けや調理全般を担当しています。

おにぎりについて日々研究を重ねています。
おにぎりは640万個以上握ってきたといいます。

一つのことをずっと続けるのは大変だと思います。

本当にすごいですね。

スポンサードリンク

右近由美子(おにぎり)お店ぼんごの場所?

右近由美子(おにぎり)お店ぼんごの場所です。

大塚駅北口から徒歩2分です。

東京都豊島区北大塚2-26-3金田ビル1階
03-3910-5617
11時半から24時

定休日は日曜です。

ぼんごには親子で三代四代と食べにきてくれる人も多いといいます。

それくらいどの世代にも受け、愛されるおみせなのですね。

スポンサードリンク

おにぎり専門店ぼんごのおすすめメニューや口コミ評判は?

おにぎり専門店ぼんごのおすすめメニューや口コミ評判です。

お寿司屋さんのように注文を受けてから目の前で握ってくれます。

あつあつのご飯にパリパリの海苔が巻かれていて、シンプルな味が美味しいです。

米の一粒一粒が感じられてる評判です。

食材にもこだわりをもっていて、米は右近由美子の出身地である新潟産コシヒカリを使っています。

海苔は有明産、塩は沖縄産を使っています。

また、ぼんごのおにぎりは一つ一つがとても大きいです。

理由は中の具がたっぷり入っているからです。

ボリュームがあり、おかずがなくても満足感がありますよ。

種類も豊富で50種類以上あります。

右近由美子が好きな具はうにくらげ、高菜、青しそです。

スポンサードリンク

右近由美子(おにぎり)の年収は?

は次のページへ

右近由美子(おにぎり)の年収は?

右近由美子(おにぎり)の年収です。

右近由美子の詳しい年収の金額はわかりませんでした。

創業が昭和35年で、その時からずっと人気は続いています。

おにぎりは昔ながらの食べ物ですが、わざわざぼんごに行って右近由美子のおにぎりを求める人が数多くいます。

客単価は少なくても、回転も早いでしょうし、メディアによく登場するほど人気店です。

売り上げは高いでしょう。

年収も1000万近くはある可能性がたかいですね。

スポンサードリンク

まとめ

右近由美子は一つのことをずっと続けていてすごいですね。

なかなかできることではありません。

継続は力なりですね。

右近由美子にしかできないおにぎりですね。

同じ食材で作っても、右近由美子の味にはならないでしょう。

是非おにぎりぼんごに食べに行きたいと思いました。

ぼんごには親子で三代四代と食べにきてくれる人も多いといいます。

それくらいどの世代にも受け、愛されるおみせなのですね。