今回の笑ってこらえては、的場文男(大井の帝王)が登場します。

妻や子供や年収が気になります。

wiki経歴や挫折と涙の半生も気になります。

詳しく調べました。

スポンサードリンク

  • 的場文男(大井の帝王)wikiプロフィール(年齢)
  • 的場文男(大井の帝王)の経歴や挫折と涙の半生とは?
  • 的場文男(大井の帝王)妻や子供は?
  • 的場文男(大井の帝王)の年収は?
  • まとめ

的場文男(大井の帝王)wikiプロフィール(年齢)

的場文男(大井の帝王)wikiプロフィール(年齢)です。

名前:的場文男

愛称:大井の帝王

生年月日:1956年9月7日

年齢:62歳

出身:福岡県大川市

好きなもの:カレー

職業:騎手

所属:大井競馬場東京都騎手会

地方競馬全国リーディングを2回(2002年、2003年)、大井競馬リーディングを21回(1983年、1985年-2004年)など、多くの重賞タイトルをとっています。

得意なスタイルは、レースの序盤から先頭集団に取り付いて、人馬一体となった力強い走りで押し切るという騎乗スタイルです。

親族も競馬関連の仕事の人が多く、大井競馬場所属調教師の的場直之は甥、同厩舎所属厩務員の的場勝之は長男、佐賀競馬の元調教師の的場信弘は兄(直之の父)です。

私生活では、愛妻家と有名です。

素敵ですね。

スポンサードリンク

的場文男(大井の帝王)の経歴や挫折と涙の半生とは?

的場文男(大井の帝王)の経歴や挫折と涙の半生です。

兄が騎手をしていたことが影響し、的場文男も始めます。

中学時代に兄からの伝で浦和競馬場の厩舎を見学した帰り道に、大井競馬場を見学した際にのちに師匠となる小暮に勧誘されたことにより、1971年に騎手見習として小暮の厩舎に入ります。

中学卒業後に地方競馬教養センターの第20期長期騎手候補生となりました。

1973年に大井競馬第五競争でデビューしました。

それからは、帝王賞3勝、東京大賞典1勝、川崎記念2勝、かしわ記念2勝など数々のビッグレースを勝利しています。

2018年には、それまで佐々木竹見騎手が保持していた日本人騎手の最多勝記録を塗り替える通算7152勝を達成して大きな話題となりました。

とてもすごいことですよね。

現在は、2018年の7152勝達成に伴い、的場文男の半生が『大井の帝王』のタイトルで、鉄拳によりパラパラ漫画化されました。

これにより、競馬に興味がなかった人にも、目を向けてもらうことが多くなったことでしょう。

スポンサードリンク

的場文男(大井の帝王)妻や子供は?

的場文男(大井の帝王)妻や子供です。

的場文男は愛妻家として有名です。

妻の名前は尚子さんです。

7000勝達成セレモニーでツーショットで写真も掲載されていますよ。

妻も「すごい人と結婚した」と的場文男を敬っていますよ。

たまにはゆっくり旅行がしたいと言います。

仲良しですね。

子供は男の子、女の子1人づついます。

長男は喜んでくれるが、娘はあまり競馬に興味ないと笑って語っていました。

娘の名前は早希さんです。

スポンサードリンク

的場文男(大井の帝王)の年収は?

は次のページへ



おすすめの記事