上田大作(カメラマン)年齢やwiki経歴!結婚した妻や子供や年収は?【情熱大陸】

情熱大陸に、動物カメラマンの上田大作氏が登場します。

上田大作(カメラマン)はどんな人物なんでしょうか。

年齢やwiki経歴や結婚した妻や子供や年収について気になります。

上田大作(カメラマン)について気になりましたので詳しく調べてみました。

 

スポンサードリンク
 

上田大作(カメラマン)情熱大陸内容

上田大作(カメラマン)情熱大陸内容です。

 

年間250日以上、北海道を車で移動しながら野生動物を撮り続ける上田氏は、徹底的に現場に張り付く撮影スタイルを主としているため、その地の天候や風を常に感じられるようにと車で寝泊まりしている。

朝日が昇る前から森の中に入り、動物散策を始める上田氏だが、撮影に当たり大事なことは“想像力”と話す。動物の生態やこれまでの経験を踏まえ食痕や足跡、動物の鳴き声など数少ないヒントを察知し、五感を研ぎ澄ませて至極の瞬間をカメラに収めていく。

27歳の時、勤めていた会社を退職し、北海道で撮影を始めて今年で14年目。これまでにヒグマ、キタキツネ、エゾシカ、モモンガ、オオワシ、シマフクロウなどの野生動物の撮影を行ってきた。

今年はアメリカの国鳥として知られるハクトウワシ1羽が根室市の温根沼(おんねとう)に現れた。ハクトウワシは去年、日本本土で初確認されたばかり。番組では、大空に舞うハクトウワシの姿を捉えるため、孤軍奮闘する上田の姿を追い掛けた。

自然の相手にしているという事で一瞬をとるためにすごい時間と労力がかっているのですね。

本当にプロフェッショナルですね。

 

スポンサードリンク

 

 

上田大作wikiプロフィール(年齢・大学)

上田大作wikiプロフィール(年齢・大学)です。

名前:上田大作

生年月日:1977年6月30日

年齢:43歳

出身:山口県下関市

 

スポンサードリンク
 

 

上田大作(カメラマン)の経歴は?

上田大作(カメラマン)の経歴です。

山口県下関市出身の43歳です。

は高校卒業後、川崎重工業に就職し船舶などの輸送機器を製造する仕事をしていましたがアメリカの写真家 ジム・ブランデンバーグが撮影した、ホワイトウルフの写真に魅了されてカメラマンを志しました。

安定した仕事をすてて新しい世界に飛び込むこの勇気はすごいですね。

写真家になったのは27歳の時に会社を退職すしました。

その後は1年間タンザニアのセレンゲティ国立公園やンゴロンゴロ保全地域、ガラパゴス諸島など海外を旅した後に、2006年から北海道で撮影を開始しています。

北海道で撮影を始めて今年で14年目になります。

これまでにヒグマ、キタキツネ、エゾシカ、モモンガ、オオワシ、シマフクロウなどの野生動物の撮影を行ってきています。

自然相手なだけにいつどんな動物と出会うかわかりません。たくさんの準備と時間をかけて素晴らしい一瞬の瞬間が撮影できるのですね。

このような写真一枚の裏側をしると写真の見え方も変わってきますね。

 

スポンサードリンク
 

 

 

上田大作(カメラマン)の結婚し妻や子供は?

上田大作(カメラマン)の結婚し妻や子供についてです。

現在43歳という事で普通なら結婚して子供がいてもおかしくない年齢ですね。

しかし、年間250日以上、北海道を車で移動しながら野生動物を撮り続ける

上田大作(カメラマン)です。

プライベートが気になります。

家族がいたら年間100日程度しか会えないでね。

上田大作(カメラマン)の結婚については結婚はしていなく独身です。

ちなみに、家族は両親と3人弟妹です。上田大作(カメラマン)は長男で、弟と妹がいます。

スポンサードリンク

上田大作(カメラマン)の年収は?

は次のページへ

 

上田大作(カメラマン)の年収は?

上田大作(カメラマン)の年収についてです。

カメラマンはいくらくらいもらえるのでしょうか。やはりお金の面は気になります。

上田大作(カメラマン)の年収については公表されていなくハッキリした金額はわかりませんでした。

しかし、17年間も続けています。お金より自分んが好きな事を仕事にできる楽しさの方が大きいかもしれませんね。

自分一人ですし、生活できる収入は稼げていますね。

企業の依頼案件などがあるとお金もよさそうですね。

ちなみに一般的な正社員としてのカメラマンの年収は370万円程です。

フリーですしすごい方なのでそれ以上はありそうですね。

【追記】

海外で映像が売れ始めてカメラマン一本で生活できるようになったのはここ数年です。

それまでは漁師などの手伝いもして日銭を稼いでいたようです。

苦労していますね。

スポンサードリンク

まとめ

今回、上田大作(カメラマン)についてまとめました。

自然相手で1人で寂しいときもあると思いますが、これからもいい写真を是非撮り続けてほしいですね。

応援しています。

プライベートでも最愛の人が見つかって結婚できるといいですね。

今後の上田大作(カメラマン)に注目ですね。