望月大希投手(創価大)wiki経歴や高校!彼女や母や兄弟は?【2019ドラフト】

今回は2019ドラフト会議についてです。

望月大希投手が注目です。

創価大でwiki経歴や高校が気になります。

彼女や母や兄弟は?とともに詳しく調べました。

スポンサードリンク

  • 望月大希(創価大)wikiプロフィール(高校)
  • 望月大希(創価大)の経歴は?
  • 望月大希(創価大)父や母や兄弟は?
  • 望月大希(創価大)の難病IgA腎症とは?
  • 望月大希(創価大)彼女は?
  • まとめ

望月大希(創価大)wikiプロフィール(高校)

望月大希(創価大)wikiプロフィール(高校)です。

名前:望月大希(もちづきだいき)

生年月日:1998年2月1日

年齢:21歳

出身:千葉県船橋市

身長:184センチ

体重:70キロ

学歴:創価大四年

今回プロ野球ドラフト会議の注目選手のひとりです。

毎回一人一人の選手に人生ドラマがあり、涙なしでは見ることができません。

みんな人生をかけて野球をしているのが伝わりますね。

望月大希の武器は角度あるストレートと変化球です。

長身にも恵まれ、野球選手としては申し分ない体格です。

スポンサードリンク

望月大希(創価大)の経歴は?

望月大希(創価大)の経歴です。

千葉県船橋市に誕生します。

野球をやっていた兄の影響で、幼少期からボールで遊ぶことが好きな少年でした。

南流山小学校4年生から本格的に野球を始めます。

小学校からショートをやっていました。

転機は中学三年の時です。

同じチームのエースが怪我をしてしまい、当時の監督から、「望月、ピッチャーやってみろ」と声をかけられたのがきっかけで投手転向となります。

父から野球を教わることもありました。

その父は望月大希が10歳の時に病気で亡くなります。

母と兄と姉と望月大希の四人暮らしが始まりましたが、家計は厳しい状況でした。

それでも母は望月大希に野球を続けされるため昼夜問わず働いたといいます。

その甲斐があり今日まで野球を続け、プロからも注目される選手の一人となります。

大学は創価大に進みます。

数々の大学からスカウトがありましたが母から「創価大学で野球をしてほしい」といわれたのが創価大に進んだ一つの理由です。

創価大では1年時春からベンチ入りしていました。

2018年春に右肘の靱帯を損傷してしまいますが、復帰明けでも146キロをマークするなど素晴らしい選手です。

スポンサードリンク

望月大希(創価大)父や母や兄弟は?

望月大希(創価大)父や母や兄弟です。

望月大希は兄と姉がおり、末っ子です。

母は美雪(ミユキ)さんです。

父は望月大希望が10歳の時に病気により他界しました。

父が亡くなってからは母が大黒柱となりましたがお金に困り、マイホームを売り払い、家賃7万円のマンションに移り住みました。

母と兄と姉、望月大希の家族4人で暮らしていましたが、兄と姉もまだ学生で、とても生活が厳しかったといいます。

スポンサードリンク

望月大希(創価大)の難病IgA腎症とは?

望月大希(創価大)の難病IgA腎症です。

創価大学2年になる時に難病IgA腎症が発病します。

1年生が終わる頃、健康診断で異常な数値の結果が出ました。

大学病院で精密検査を何度も受けるものの、原因不明となります。

腎生検をしてから原因がわかり、1年生の3月にIgA腎症と診断を受けます。

IgAという蛋白が腎臓に沈着する病気です。

自覚症状は全くなかったといいます。

しかしこのまま放置していると腎不全になり透析治療しないといけなくなる病気です。

医師から運動制限の指示があったので一時戦線離脱となってしまいます。

大学2年の8月に手術をしましたが、その後も定期的に治療と検査を重ねます。

そして健康診断から1年後の大学2年の1月に完治し、運動制限もなく練習できるようになりました。

スポンサードリンク

望月大希(創価大)彼女は?

は次のページへ

望月大希(創価大)彼女は?

望月大希(創価大)彼女です。

望月大希の彼女の情報はありませんでした。

やはりまだ一般人のためプライベートな情報は少ないですね。

これだけ将来楽しみな野球選手ですから女性からはかなりモテるでしょう。

プロになれば、週刊誌からマークされることもありますから、女性とのツーショットを撮られる日もくるかもしれませんね。

スポンサードリンク

まとめ

望月大希はさまざな逆境がある人物だなと思いました。

父の死や母子家庭、病気など大きい逆境があります。

通常なら心も身体も落ち込んでしまうほどの出来事です。

それでも全てを乗り越えてきた力強さがありますね。

たくましい精神力です。

今後の活躍が楽しみですね。

 



おすすめの記事