スポンサードリンク

今回の金曜日のソロは三代達也が登場します。

車いすトラベラーです。

Wiki経歴が気になります。

高校や結婚や彼女は?と共に詳しく調べました。

スポンサードリンク

三代達也(車いすトラベラー)Wikiプロフィール

三代達也(車いすトラベラー)Wikiプロフィールです。

名前:三代達也(みよたつや)

生年月日:1988年11月30日

年齢:32歳

出身:茨城県日立市

趣味:ひとり旅、海外のクラブバー、お年寄りとの会話

職業:車いすトラベラー

今回金曜日のソロに登場する三代達也です。

金曜日のソロはNHKの番組で一人暮らしをする人の自宅に定点カメラを設置してどのような夜を過ごすのか見守る番組です。

何か事件が起きたり、大袈裟な事が起きたりするわけではありませんが、一人一人のゆるーい夜の過ごし方を見られるのでとても癒されますよ。

今回は車いすトラベラーの三代達也の自宅にカメラを設置しています。

車椅子での生活ですからかなり大変な事も多いでしょう。

どんな部屋なのか気になりますね。

三代達也は本も出版しています。

タイトルはNo Rain, No Rainbow 一度死んだ僕の、車いす世界一です。

スポンサードリンク

三代達也(車いすトラベラー)の経歴は?

三代達也(車いすトラベラー)の経歴です。

三代達也は茨城県日立市で誕生します。

兄弟は兄と姉がおり、自身はひょうきん者で周りの人達を笑わす事が好きでした。

高校時代は学校がつまらなく中退します。

アルバイトでガソリンスタンドや魚市場で働きました。

そんなある日三代達也はバイク事故で頸髄損傷となります。

18歳の時でした。

乗用車と正面衝突の大事故でこの事故により両手足に麻痺が出て車椅子生活となりました。

この事故の前日までは当時の彼女とディズニーランドへ行く計画を楽しく話していたといいます。

人生が変わってしまった瞬間ですね。

自らの命を絶とうと思うほどの絶望だったといいます。

しかし静岡のリハビリ院で人生の師匠に出逢います。

この男性のおかげで絶望していた人生に光が見え始めます。

この男性も三代達也と同じく車椅子生活をしていました。

この男性からハッパをかけられこれまでは家族に頼ってきた事も一人で挑戦するようになっていきます。

車椅子で一人で電車に乗ったり、買い物に行ったり、一人暮らしをするようになります。

また、車椅子バスケも始め、会社員としても働き始めました。

ついには23歳で初海外旅行でハワイに行きました。

飛行機も初めてで英語も話せませんでしたが一人での海外旅行はとても楽しいものになりました。

ここからアメリカへ短期間留学、オーストラリアで半年間ワーキングホリデーなども経験しました。

28歳では9ヶ月間車椅子単独世界一周の旅に出ました。

この経験を生かして現在は車椅子トラベラーとして活躍しています。

三代達也だからこそできる仕事ですね。

障害者の旅の楽しさなどを広めるため講演会、大手旅行会社と提携しバリアフリーツアーの提案、旅行記の出版などをしています。

スポンサードリンク

三代達也(車いすトラベラー)の高校は?

三代達也(車いすトラベラー)の高校です。

三代達也は高校中退です。

どこの高校かはわかりませんでしたが地元の高校へ進学した可能性が高いです。

高校中退の理由は半年ほどで毎日同じことの繰り返しがとてもつまらなくなってしまったからです。

これがとても苦痛だったといいます。

ガソリンスタンドや魚市場でアルバイトを始めたといいます。

たしかに高校時代は学校よりもアルバイトのほうが楽しかったり居心地が良かったりしますよね。

これにより高校中退します。

この時はまさか自分が車椅子生活になるとは微塵も感じていなかったでしょう。

スポンサードリンク

三代達也(車いすトラベラー)の結婚や彼女は?

三代達也(車いすトラベラー)の結婚や彼女です。

三代達也の結婚の情報はありませんでした。

やはり一般人のためこういった情報は少ないですね。

年齢的にはそろそろ結婚を意識する頃でしょうか。

三代達也には事故にあった頃には彼女がいました。

事故前日まで彼女とディズニーランドに行く計画を楽しく話していたといいます。

悲しいですね。

車椅子生活になってからも彼女はできたと語っていました。

現在はどうなのでしょう。

海外旅行へもたくさん行っているので現地の海外の女性と恋に落ちる可能性も高いですね。

スポンサードリンク

まとめ

今回は金曜日のソロに登場する三代達也について調べました。

車椅子トラベラーです。

三代達也自身が車椅子生活ですから、三代達也にしかできない仕事ですね。

講演会や本の出版などもしています。

10代という若さで車椅子生活となり人生に絶望していた事でしょう。

それでも今はこんなにも自分でできる事が増え、沢山の人の優しさに触れ、自分にしかできない仕事をしていて好転して良かったですね。

車椅子の人にも希望を与えてくれる存在の三代達也です。

三代達也のおかげで生きていくのが楽しくなった人も大勢いるでしょうね。

 



おすすめの記事