小林可奈子(マウンテンバイク)娘あか里や旦那(夫)は?次女の病気や成績を調査!【イマドキ家族】

今回のイマドキ家族は小林可奈子(マウンテンバイク)が出演します。

娘あか里や旦那(夫)が気になります。

次女の病気や成績を調査です。

詳しく調べました。

 

スポンサードリンク
 

 

  • 小林可奈子・あか里(マウンテンバイク)wikiプロフィール(年齢・経歴)
  • 小林可奈子・あか里の経歴や成績は?
  • 小林可奈子(マウンテンバイク)結婚した旦那は?
  • 小林可奈子(マウンテンバイク)次女の病気とは?
  • まとめ

小林可奈子・あか里(マウンテンバイク)wikiプロフィール(年齢・経歴)

小林可奈子・あか里(マウンテンバイク)wikiプロフィール(年齢・経歴)です。

名前:小林可奈子

生年月日:1970年5月24日

年齢:49歳

出身:埼玉

在住:安曇野

学歴:青山学院大学

サイズ:159センチメートル、47キロ

職業:自転車競技MTBクロスカントリー・ダウンヒル選手。MTBクラブ安曇野主宰

長女名前:あか里

生年月日:2001年4月10日

年齢:18歳

学校:松本蟻ヶ崎高等学校

1996年にアトランタ五輪代表となり、MTB界の先駆者です。

なんと、49歳という年齢ながら、現役選手でもあり、未だに好成績を残しています。

すごいですよね。

長女あか里も同じくマウンテンバイク(MTB)選手であり、2017年には全日本選手権ジュニアの部で優勝しています。

親子であり、最高のライバルでもある二人ですよ。

親子で同じ競技で、二人とも現役で活躍するなんて珍しいですよね。

長女あか里が優勝すると、「よく頑張ったね、おめでとうという気持ちと、ライバル的な悔しい気持ちがある」と語っていました。

やはり、母である気持ちと、競技者としての気持ちが半々なのですね。

 

スポンサードリンク
 

小林可奈子・あか里の経歴や成績は?

小林可奈子・あか里の経歴や成績です。

学生時代にMTBの魅力にはまります。

19歳のときに友人が乗っていたMTBを見たのがきっかけで、すぐに乗り始め、その年のゴールデンウィークに友人と北海道をツーリングしました。

毎日50~60kmの距離を1週間くらいかけて走ったと言います。

そこからさらにMTBの世界を知りたくなり、クロスカントリーやダウンヒル、トライアルといった競技にも挑戦するようになります。

大学卒業後は就職をしますが、小林可奈子は、23歳の時「MTBで五輪に出場したい」という夢を実現するため、なんと当時勤めていた会社を一年で辞めます。

その足で、ひとり信州松本へ行きました。

小林可奈子は、1994年の全日本マウンテンバイク選手権大会でクロスカントリーとダウンヒルの二種目で日本一となりました。

1996年アトランタオリンピックにマウンテンバイク・クロスカントリー代表として出場し23位となります。

念願のオリンピック出場でしたが、出場できたことの嬉しさというよりも、世界とのあまりの違いにショックを受けたと言います。

この年のアジア選手権では優勝をしています。

1999年の全日本選手権では、2度目のタイトルを獲得します。

その後も、2009年全日本選手権で4位になります。

2011年JCF MTBジャパンシリーズ第四戦・白馬で優勝します。

2013年全日本選手権で3位になります。

2015年Coupedujaponでシリーズ優勝します。

2017年全日本選手権で18年ぶりに3度目の優勝をします。

そのほかにも、現在では居住地である安曇野にMTBクラブチームを設立し、主宰しています。

娘のあか里は、2017年全日本選手権ジュニアの部で優勝しています。

小林可奈子の現在の夢はに「親子3代でMTBに乗ること」です。

 

スポンサードリンク
 

小林可奈子(マウンテンバイク)結婚した旦那は?

小林可奈子(マウンテンバイク)結婚した旦那です。

小林可奈子の旦那は、小林昌樹さんです。

1997年に結婚しています。

TEAM A&FのMTB選手でした。

現在は小林可奈子と同じくMTBクラブ安曇野を運営しています。

小林可奈子のサポートもしてくれ、家事や練習環境を整えてくれたりと、とても優しい小林昌樹です。

ステキな旦那さんですね。

 

スポンサードリンク

小林可奈子(マウンテンバイク)次女の病気とは?

は次のページへ

小林可奈子(マウンテンバイク)次女の病気とは?

小林可奈子(マウンテンバイク)次女の病気です。

2017年秋、当時中学1年生だった小林可奈子の次女が病気になります。

次女は、はる里さんという名前です。

病名を調べましたが、わかりませんでした。

小林可奈子は、この時のことを「医師から告げられたとき、周りから一切の音が消えた。説明の内容が耳から入ってこなかった」と語っています。

「なぜ早く気付いてあげられなかったのかと自分を責めた。もう涙が出なくなるんじゃないかというくらい泣いた」とも言います。

そこから、先の見えない闘病生活が始まりました。

このことから、只事でない病気ということがわかりますね。

まだまだ子供な年齢のはる里さんですから、胸が痛みますね。

小林可奈子のブログを見ると、2019年1月の正月には、家族そろっての写真を掲載しています。

そこでは仲の良い家族の紹介と、家族写真の掲載がありました。

少し病気は落ち着いたのでしょうか。

早く良くなることを祈ります。

スポンサードリンク

まとめ

年齢を感じさせない現役選手の小林可奈子でした。

もうすぐ50歳になる年齢にもかかわらず、自分の好きなことに全力な姿はかっこいいです。

選手として娘もライバルと見るなんてすごいですよね。

こういったお母さんの背中を見て育つ子供は、ステキな大人になりそうですよね。

私生活では、次女はる里さんの病気など心配なことはありますが、家族の仲は良さそうですね。

幸せそうに見えます。

これからも、現役で活躍し、輝き続ける小林可奈子を見ていたいですね。