二村知子の結婚した旦那や年収は?wiki経歴やシンクロ時代!隆祥館書店の場所は?【セブンルール】

今回のセブンルールは二村知子が登場します。

本屋さんです。

結婚した旦那や年収が気になります。

wiki経歴やシンクロ時代!隆祥館書店の場所とともに詳しく調べました。

スポンサードリンク

二村知子(隆祥館書店)wikiプロフィール

二村知子(隆祥館書店)wikiプロフィールです。

名前:二村知子(ふたむらともこ)

年齢:60歳

職業:隆祥館書店店主、元シンクロナイズドスイミング選手

今回のセブンルールは二村知子が登場します。

セブンルールは社会で活躍する輝く女性に密着、インタビューをする番組です。

いろいろな生き方を学べますね。

今回は本屋店主の二村知子が登場します。

大阪にある隆祥館書店の店主でここは父親の代から続く創業70年の本屋です。

今は若者の読書離れやネットでの購入、又はiPadなどで雑誌や小説、漫画などほとんど見ることができるので本が売れないと言われています。

しかし二村知子の隆祥館書店は違います。

日本一本を売り上げる店と話題です。

13坪という小さい店舗の中にどんな秘密が隠されているのか気になります。

スポンサードリンク

二村知子(隆祥館書店)の経歴やシンクロ時代は?

二村知子(隆祥館書店)の経歴やシンクロ時代です。

父親が隆祥館書店を営んでいました。

隆祥館書店は父親の善明さんの代から約70年続く老舗の本屋です。

二村知子は以前はシンクロナイズドスイミングの選手でした。

コーチはあの井村雅代でした。

二村知子は二年連続で日本一、日本代表として世界3位となる実力の持ち主です。

現在は二村知子が隆祥館書店店主として活躍しています。

ここでは二村知子が目利きして厳選した本を顧客の好みに合わせて販売しています。

今は本は売れない時代といわれていますね。

若者の読書離れ、ネットでの購入、又はiPadなどで雑誌や小説、漫画などほとんど見ることができますからわざわざ本を購入する必要がないのですね。

便利な世の中ですが寂しい気もしますね。

しかし二村知子が経営する隆祥館書店はわずか13坪の小さい本屋さんにもかかわらず日本一本が売れているといいます。

理由は二村知子がお客さんに寄り添い、読者と作者の繋がりを設けているためです。

百田尚樹の永遠の0が発売された時、お客さんに「何であんなにくわしく戦争中の話が書けるのかな?作者に直接話を聞いてみたい」というお客さんがいました。

お客さんからしてみれば何気なく言った一言でしょうが、二村知子はそれを行動に移します。

当時多忙の百田尚樹に交渉して、2011年10月に第1回作者と読者の集いを開きます。

これが大成功となりこれ以降は定例会となっています。

こういったお客さんの気持ちを考えられ、行動に移せるのが隆祥館書店店主二村知子の魅力で、是非ここで購入したいと思わせる秘訣でしょう。

スポンサードリンク

二村知子(隆祥館書店)経歴した旦那や子供は?

二村知子(隆祥館書店)経歴した旦那や子供です。

二村知子は結婚しています。

シンクロナイズドスイミング選手として活躍し、引退後に結婚しています。

子供にも恵まれました。

残念ながら旦那さんや子供についての情報はありませんでした。

一般人の可能性がたかいですね。

また、現在は孫がいるという情報もありました。

確かに年齢的には孫がいてもおかしくはないですね。

子供か孫がこの隆祥館書店を引き継ぐのでしょうか。

スポンサードリンク

二村知子の隆祥館書店の場所は?

隆祥館書店


大阪府大阪市中央区安堂寺町1-3-4
安堂寺Rタワー1階
06-6768-1023

営業時間です。

月曜から土曜は8時半から22時、日曜祝日は10時半から20時です。

定休日は第三日曜です。

最寄駅は地下鉄谷町六丁目駅7番出口からすぐです。

様々なイベントもしており、現在はコロナウイルスの影響からリモートトークイベントも取り入れています。

スポンサードリンク

二村知子(隆祥館書店)の年収は?

は次のページへ

二村知子(隆祥館書店)の年収は?

二村知子の年収が気になります。

書店店主というとそこまで年収が高くないイメージですが、二村知子の隆祥館は日本一本を売り上げる書店です。

詳しい年収はわかりませんでしたが、日本一売り上げるといってもやはり膨大な金額を稼げるわけではないでしょう。

年収は500万から600万円ほどでの可能性が高いです。

スポンサードリンク

まとめ

今回のセブンルールは隆祥館書店店主二村知子が登場しました。

大阪で営む小さな個人店の本屋さんです。

なぜ本屋の店主がフューチャーされたかというとやはり売り上げる力でしょう。

個人店ながら、大手の本屋に負けず日本一本を売り上げています。

小さい書店だからこそできるお客さん一人一人の好みなどを把握して、それぞれが好きそうな本を紹介するなどサービスを徹底しています。

ここまでしている本屋は他にないですね。

お客さんは「是非隆祥館書店で購入しよう」という気持ちになりますよね。

これも店主の二村知子の知恵と行動力、人柄のおかげでしょう。

これからも注目の隆祥館書店店主二村知子です。