ヨンチャン(韓国漫画家)のWiki経歴や年収!彼女や作品は?【金曜日のソロ】

今回の金曜日のソロはヨンチャンが登場します。

韓国漫画家です。

wiki経歴や年収が気になります。

彼女や作品は?と共に詳しく調べました。

スポンサードリンク

ヨンチャン(韓国漫画家)のWikiプロフィール

ヨンチャン(韓国漫画家)のWikiプロフィールです。

名前:ヨンチャン

出身:韓国

学歴:京都精華大学留学

趣味:運動、ジム

尊敬:浦沢直樹先生、井上雄彦先生、あだち充先生

職業:韓国漫画家

受賞歴:2017年週刊モーニング新人賞

今回の金曜日のソロはヨンチャンが登場します。

韓国漫画家です。

金曜日のソロはNHKの番組で一人暮らしの人の自宅に定点カメラを設置し、自宅での夜の過ごし方を見守るドキュメントです。

ゆるーく癒されながら視聴できるので週末の夜にぴったりの番組です。

毎回密着される人は変わるのですが今回はヨンチャン宅にカメラが設置されています。

ヨンチャンは漫画家ですが身体が大きく筋肉質です。

なんとなく漫画家のイメージとかけ離れたルックスです。

スポンサードリンク

ヨンチャン(韓国漫画家)の経歴は?

ヨンチャン(韓国漫画家)の経歴です。

ヨンチャンは韓国で誕生します。

幼少期から絵を描く事が好きでよくパラパラ漫画を描いていました。

スポーツも好きでこの頃はサッカーを楽しんでいました。

漫画家を本格的に目指し始めたのは中学生の時です。

高校卒業後は日本の京都精華大学留学の漫画部で留学でやってきました。

日本に来た理由は「ファッションといえばパリ、漫画といえば日本」という考え方を持っていたからです。

大学時代はアメフトで汗を流していました。

好きで尊敬してある日本の漫画家はMONSTER、20世紀少年、MASTERキートンの浦沢直樹先生、スラムダンクの井上雄彦先生、H2やタッチのあだち充先生です。

卒業後は集英社、講談社、小学館と大手出版社約8社に手当たり次第積極的に作品の持ち込みをしました。

2017年にほ週刊モーニングの新人賞を受賞します。

作品名はヤフ島です。

これをきっかけに本格的に漫画家としてデビューしました。

韓国出身のヨンチャンが日本で漫画家デビューするのは相当な努力があったことでしょう。

もちろん日本語で漫画を描いているので言葉の壁は本当に大変ですよね。

プライベートでは運動が好きなのでジムで鍛えたり、市民団体に加入しボートの大会へ出場したりしています。

スポンサードリンク

ヨンチャン(韓国漫画家)の作品は?

ヨンチャン(韓国漫画家)の作品です。

ヨンチャンは漫画家です。

デビュー作品はボート漫画のベストエイトです。

他にはリエゾンこどものこころ診療所です。

韓国出身のヨンチャンが日本語で漫画を描いているので大変な苦労があるといいます。

教科書や学校で学んだ日本語以外だけでは漫画は書けず、登場人物により老人の話し言葉、女子の話し言葉が違いますよね。

細かい言葉のニュアンスが大切になってきますからね。

また、それだけでなくスタッフのスケジュール管理、金銭面の管理など漫画を描く以外にも沢山やるべきことがあり大変といいます。

スポンサードリンク

ヨンチャン(韓国漫画家)の年収は?

ヨンチャン(韓国漫画家)の年収です。

ヨンチャンは現在漫画家をしています。

年収はどのくらいなのでしょう。

漫画家は本当に売れっ子の人とそうでない人との差が激しいので平均年収もアテになりません。

ワンピースの作者尾田栄一郎だと年収31億円ともいわれています。

すごいですよね。

ヨンチャンは現在2つの作品を世に出しています。

まだまだ超売れっ子というわけではないのでお金持ちというほどではないでしょう。

年収1000万円には届かずというところの可能性が高いですね。

スポンサードリンク

まとめ

今回の金曜日のソロはヨンチャンが登場します。

韓国出身の漫画家です。

日本では2つの作品を出版している今注目の漫画家です。

違う国の言葉を話すだけでも難しいのに、漫画家なので人物それぞれの話し言葉も少しづつ違うので本当に努力されていると思います。

でも好きなことを仕事にしているヨンチャンなのでとても幸せそうですね。

これからも素晴らしい作品を世に広めてほしいですね。