クローネマキコ(舞踏会)wikiプロフィール(経歴・年齢)!結婚した旦那や子供は?職業や年収や日本の舞踏会参加方法は?【マツコの知らない世界】

今回のマツコの知らない世界に、クローネマキコが出演します。

舞踏会の世界を教えてくれます。

wikiプロフィール(経歴・年齢)や結婚した旦那や子供が気になります。

職業や年収や日本の舞踏会参加方法とともに詳しく調べました。

 

スポンサードリンク
 

  • クローネマキコ(舞踏会)wikiプロフィール(年齢・職業)!
  • クローネマキコ(舞踏会)経歴は?
  • クローネマキコ(舞踏会)結婚した旦那や子供は?
  • クローネマキコ(舞踏会)年収は?
  • 日本の舞踏会や参加方法は?
  • まとめ

クローネマキコ(舞踏会)wikiプロフィール(年齢・職業)!

クローネマキコ(舞踏会)wikiプロフィール(年齢・職業)です。

名前:クローネマキコ

生年月日:11月30日

年齢:不明

在住:東京

資格:ホリスティックケア・カウンセラー

職業:日本・オーストリア文化交流会 クライネ・クローネ代表

2000年にクライネクローネを設立しました。

東京都千代田区永田町2-4-3 永田町ビル4階 SGEC/PEFCジャパン内
03-3267-9151

クライネクローネは、舞踏会の情報発信やセミナー・交流会、イベント開催などを行なっています。

ホームページもありますよ。

特別アドバイザーはa Urrisk Baron von Obertynski zu Obertyn
マティアス-マリア・ウリスク男爵(ウィーン在住)です。

また、クローネマキコは、年齢は非公開ですが、ルックスからすると50代かと思います。

50代だとしても、綺麗にメイクもヘアスタイルもしていて、女性らしく可愛らしい方ですね。

スポンサードリンク

クローネマキコ(舞踏会)経歴は?

クローネマキコ(舞踏会)経歴です。

幼少期から、ヨーロッパの宮廷・貴族文化、そして舞踏会に興味がありました。

映画「シンデレラ」や、宝塚の「ベルサイユのばら」などの夢の世界に憧れていました。

大学卒業後は、外資系の銀行員として活躍します。

そんなある日、ウィーン舞踏会への参加を決心し、自分で情報を調べ上げ、すべて自分で手配し、ドレスを手にウィーンへ飛び、長年の夢をかなえました。

それからは20余年で100回以上、舞踏会に参加しています。

とても可愛らしい夢ですね。

女性は大なり小なり憧れている人が多いのではないでしょうか。

クローネマキコが先陣をきってくれたおかげで、舞踏会に憧れている他の方も足を運びやすくなったのではないでしょうか。

夢を持ったらまず行動ですね。

2000年にクライネクローネを設立しました。

現在では、現地の友人もでき、貴族の友人から社交マナーやライフスタイルも学んでいると語っています。

モナコ王室主催舞踏会やパリのデビュタント舞踏会への参加、ハプスブルグ家末裔のプリンセスとの交流、ハプスブルグ帝国最後の皇太子、オットー・フォン・ハプスブルグ氏とも交流がありますよ。

次々と夢を叶えていて、人生を楽しんでいるのが伝わりますね。

スポンサードリンク

クローネマキコ(舞踏会)結婚した旦那や子供は?

クローネマキコ(舞踏会)結婚した旦那や子供です。

クローネマキコの結婚を調べましたが、わかりませんでした。

SNSを見ても、そういった情報がありません。

年齢からすると、旦那や子供がいてもおかしくはないですよね。

舞踏会でたくさんの出会いがありそうですから、もしかしたら、日本人ではなく、外国人の素敵な人がいるかもしれませんね。

スポンサードリンク

クローネマキコ(舞踏会)年収は?

クローネマキコ(舞踏会)年収です。

クローネマキコの年収はわかりませんでした。

クローネマキコの会社、クライネクローネは、舞踏会へ参加のプランやコーディネート、アドバイス、交流会やイベントを行なっています。

今まで舞踏会に特化した会社ってなかったですよね。

唯一無二の場所だと思います。

したがって、一定数の顧客はいるでしょうし、リピーターもいるでしょう。

今回、メディアに出演したことにより、もっと来客が増える事でしょう。

これから、AIの時代が来る中で、こういった楽しい気持ちに呼びかける、人間にしかできない仕事の人は強いですよね。

今後も業績も伸びると思います。

会社も19年続いていますし、年収もかなり高いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

日本の舞踏会や参加方法は?

は次のページへ

日本の舞踏会や参加方法は?

日本の舞踏会や参加方法です。

舞踏会は、音楽と芸術の都、ウィーンで、夢のようなオペラ座舞踏会・オーパンバルを筆頭に、 数多く開かれています。

燕尾服の男性はロングドレスの女性をエレガントにエスコートします。

友人とシャンパンで乾杯し、優雅にウィンナーワルツを踊り、時間がたつのも忘れ朝になる。。というものですね。

おとぎ話の世界のようですね。

女性が憧れるのもわかりますね。

非日常的な時間です。

舞踏会にも様々な種類と日程があり、クライネクローネのホームページから確認できます。

クライネクローネのホームページから、参加申し込みができます。

コンサルティングらコーディネート、現地では直前ガイダンス、ダンスやマナーレッスンの手配などセットにし、プランがあります。

初めての方向けのプランもあり、安心ですね。

スポンサードリンク

まとめ

クローネマキコは、「ウィーンの街並み、歴史、文化、伝統、そして多くの人々との出会い。それらすべてが、私の人生の大きな財産となっています」と語っています。

その通りですよね。

自分で行動をおこした事ですからね。

好きな事を極めていて、楽しみ、世の中に発信しているクローネマキコです。

クローネマキコのように、好きな事にはとことん、突き進んでいく人生も楽しいだろうなと思いました。

ステキな大人がいると、年齢を重ねるのも楽しくなりますね。



おすすめの記事