今回のシンソウ坂上はキンタローが登場します。

不妊治療について語ります。

不妊治療専門病院はどこか気になります。

東尾理子紹介で妊娠です。

費用や口コミ評判は?と共に詳しく調べました。

 

スポンサードリンク
 

 

  • キンタロー不妊原因は旦那?
  • キンタロー結婚した旦那や子供は?
  • キンタロー不妊治療専門病院はどこ?
  • キンタロー不妊治療の費用は?
  • キンタロー不妊治療専門病院の口コミ評判は?
  • まとめ

キンタロー不妊原因や旦那は誰?

キンタロー不妊原因や旦那は誰?です。

今や夫婦6組に1組は不妊だと言われています。

今回キンタローも初めてテレビの前で不妊治療を語ります。

あんなに明るく面白いキンタローも不妊で悩む夫婦でした。

不妊原因は色々ありますが、原因不明の夫婦も多くいると言います。

キンタロー夫婦は旦那さんの無精子症が原因でした。

芸能人ではダイヤモンドユカイも無精子症を公表しています。

今は女性のみならず、男性が原因の不妊も多くいます。

キンタローは2015年12月に結婚しています。

4、5年は妊娠しなかった事になりますね。

不妊の定義は1年間夫婦生活をしても妊娠しない状態を言います。

結婚後もキンタローは忙しくタレント活動をしていましたが、子供が欲しいと思います。

しかし、中々子供に恵まれません。

病院で検査をしてみても、キンタローは問題なしと言われたといいます。

念の為旦那も受診すると、無精子症ということが判明します。

まさか旦那さんも自分に不妊原因があったとは思わないですよね。

ショックだったと思います。

そこで、2018年から本格的に不妊治療を開始します。

 

スポンサードリンク
 

 

キンタロー結婚した旦那や子供は?

キンタロー結婚した旦那や子供です。

キンタローは2015年12月に結婚しています。

キンタロー33歳の時ですね。

相手は一般人の男性です。

一般人といえども、テレビ関係の仕事をしており、ディレクターです。

小杉隆史さんといいます。

顔写真も出回っていました。

優しそうな可愛らしい顔立ちの旦那さんですね。

キンタローが旦那小杉隆史さんに一目惚れし、猛アタックしたといいます。

ゲットできて良かったですね。

その後、子供がほしいと思いながらも中々恵まれませんでした。

不妊治療を経て、今年子供が誕生します。

子供はおなかにいる頃は「チビキンちゃん」と呼んでいました。

妊婦の頃から度々ブログに登場していました。

キンタローの旦那も「キンタローの夫」としてブログを開設したので、キンタロー本人の視点と、旦那さんからの視点からと楽しめます。

チビキンちゃんは2020年1月28日に無事に誕生しました。

女の子です。

 

スポンサードリンク
 

 

キンタロー不妊治療専門病院はどこ?

キンタロー不妊治療専門病院はどこ?です。

不妊治療といえども、沢山の病院があります。

できるだけ自然に妊娠を促す病院や、最新の技術や薬を駆使する病院、医師が毎回変わる病院、基本的に院長一人が担当する病院など様々です。

かなり高額な出費になる不妊治療ですから、病院選びは大切ですよね。

また、人気の病院は初診までも順番待ちのところもあります。

そこで、キンタローは東尾理子に相談したといいます。

東尾理子といえば、石田純一の奥さんで、自身も不妊治療の末、現在は3人の子宝に恵まれています。

キンタローが東尾理子に相談して行った病院は加藤レディスクリニックと言われています。

加藤レディスクリニック
東京都新宿区西新宿7-20-3
ウエストゲート新宿ビル
03-3366-3777

院長は加藤恵一さんです。

不妊治療を公表している数々の芸能人夫婦が通ったと有名です。

大変人気の病院ですね。

スポンサードリンク

キンタロー不妊治療の費用は?

キンタロー不妊治療の費用は?です。

キンタローの詳しい不妊治療の内容はわかりませんでした。

不妊治療は、主にタイミング法→人工授精→体外受精とステップアップして行う人が多いです。

それぞれの治療費は桁違いにあがっていきます。

人工授精は数万円でできるのに比べ、体外受精は桁が一つ上がり、かなり高額です。

キンタローはそのほか、旦那さんの無精子症の治療費もかかるでしょう。

かなりの金額がかかったと思います。

また、助成金もありますが、家庭の収入により対象外となります。

キンタローは夫婦で稼いでいますから、助成金対象外でしょう。

現在は夫婦の所得額が905万円未満が対象です。

スポンサードリンク

キンタロー不妊治療専門病院の口コミ評判は?

キンタロー不妊治療専門病院の口コミ評判です。

加藤レディスクリニックの口コミです。

先生が数人おり、対応は若干クールです。

看護師や医師の中には、若干塩対応の人もいると言います。

心のケアや優しい言葉や態度が欲しい人には不向きかもしれませんね。

しかし、そういったものより、「子供が授かれば良い」という結果重視の方には評判がいいです。

先生だけでなく、培養師の腕も評判がいいです。

もちろん、塩対応の人は一部で、ほかの先生や看護師は優しいです。

院内は綺麗で、待ち時間が多い病院でも、コンセントがあるので仕事をしながら待つこともできます。

ただ、かなり待ち時間が長いとも言われているので、仕事をしながらの方は中々厳しいかもしれませんね。

また、年中無休なので、自分の排卵のタイミングなど、病院の休みの都合で逃す心配はありません。

一回タイミングを逃すと、また一月待たなければいけないので貴重ですよね。

ありがたいです。

スポンサードリンク

まとめ

ここまで赤裸々に不妊治療を語れるのは、子供を無事に出産できたからでしょう。

本当によかったですよね。

おめでとうございます。

これから不妊治療に挑む人や、もう取り組んでいる人にはかなり為になりますね。

参考になります。

旦那さんも無精子症を公表するのは勇気がいったと思います。

本当に出産は奇跡ですね。



おすすめの記事