陳建太郎(陳建一息子)wikiプロフィール(大学・兄弟)結婚した妻や子供や年収は?【徹子の部屋】




今回の徹子の部屋は陳建太郎が出演します。

あの有名な陳建一の息子です。

wikiプロフィール(大学・兄弟)や結婚した妻や子供が気になります。

年収とともに詳しく調べました。

スポンサードリンク

  • 陳建太郎(陳建一息子)wikiプロフィール(大学・兄弟)
  • 陳建太郎(四川料理人)経歴は?
  • 陳建太郎(陳建一息子)結婚した妻や子供は?
  • 陳建太郎(陳建一息子)年収は?
  • 陳建太郎(陳建一息子)の店は?
  • まとめ

陳建太郎(陳建一息子)wikiプロフィール(大学・兄弟)

陳建太郎(陳建一息子)wikiプロフィール(大学・兄弟)です。

名前:陳建太郎

本名:東健太郎

生年月日:1979年

年齢:40歳

出身:東京

趣味:ゴルフ、映画鑑賞

学歴:玉川学園

職業:中華料理の料理人、調理師

父:陳建一

あの料理の鉄人で有名シェフの陳建一の息子です。

陳健太郎が作る四川料理は、北京、広東、上海とならび中国四大料理と称されており、豊富な食材を使い、唐辛子の辛さや山椒のしびれるような刺激、酸味や香味など、様々な調味料や香辛料で深みのある味わいに仕上げてあるのが特徴です。

オーナーをつとめています。

お父さんの背中を見て料理人を志したのでしょうね。

料理のセンスも受け継いだのでしょうね。

おじいさんの代から続く店なので、これからも伝統の味をどんどん繋いでいってほしいですね。

スポンサードリンク

陳建太郎(四川料理人)経歴は?

陳建太郎(四川料理人)経歴です。

あの料理の鉄人で有名な陳建一の息子として誕生しました。

大学卒業後は赤坂四川飯店に入社しました。
父陳建一を師匠とし、父の助手の経験があった菰田欣也の下で修行を開始します。

2005年からは、四川大学へ2年半留学します。

そこで学んだ事を生かし、味を継ぐのはもちろん改良や欧米飲食文化の低温料理法などを取り入れ、新しい風を吹き込みました。

現在赤坂「四川飯店」オーナーシェフを務めています。

そのほか、料理教室やイベント、TV出演なども行っていて、有名シェフとして活躍しています。

スポンサードリンク

陳建太郎(陳建一息子)結婚した妻や子供は?

陳建太郎(陳建一息子)結婚した妻や子供です。

陳健太郎は結婚しています。

2014年にあつこさんという方と結婚していますね。

しかし、子供の情報はありませんでした。

情報がわからないだけで、結婚してからしばらく経つので、1人や2人いてもおかしくはないですね。

しかし、子供を作らない主義の人もいるので、実際にはわかりません。

スポンサードリンク

陳建太郎(陳建一息子)年収は?

陳建太郎(陳建一息子)年収です。

陳健太郎の年収を調べましたがわかりませんでした。

まずは、陳健太郎の父の陳建一で調べてもわかりませんでした。

あそこまで超有名シェフだと1000万以上の稼ぎはあると推測します。

その息子ですから、1000万には届かなくてもそこに近い金額はもらっているのではないでしょうか。

ちなみに、シェフの平均年収は500万円でした。

スポンサードリンク

陳建太郎(陳建一息子)の店は?

陳建太郎(陳建一息子)の店です。

〒102-0093 東京都千代田区平河町2-5-5 全国旅館会館5F・6F
電話:03-3263-9371 FAX:03-3263-3872

赤坂四川飯店は地下鉄永田町駅(4、5、9b番出口)から徒歩2分、地下鉄赤坂見附駅(D出口)からは徒歩5分です。

●地下鉄(有楽町線/南北線/半蔵門線)永田町駅徒歩2分(4、5、9b番出口)
●地下鉄(丸の内線/銀座線)赤坂見附駅徒歩5分(D出口)

とてもいい場所にありますね。

是非一度行ってみたいです。

メニューはランチセットは1300円〜、ランチコースだと4000円です。

ディナーコースだと8000円〜20000万円のコースと幅広くあります。

そのほか、アラカルトもありますよ。

ミシュラン シンガポールで3年連続2つ星獲得もしています。

陳といえば麻婆豆腐で、特徴的なのは、拉(辛さ)、麻(しびれる)、甜(甘さ)、咸(塩辛さ)、柔らかさ、滑らかさなど多くの味と食感が一度に味わえ、楽しめる一皿です。

他とは違う、唯一無二の味を求めて、店に通う人も多いでしょうね。

スポンサードリンク

まとめ

陳建一、陳健太郎親子は、料理をするとき、「最後は「愛」を持つことで、自分の愛する人のために料理を作る気持ちで、お客様に料理を作ること」を、大切にしていると語っていました。

有名な凄腕シェフでも、そういったことを考えながら料理をしてくれているのですね。

名前を聞けば誰もがわかるシェフって、数少ないですよね。

名前のプレッシャーもあるかと思いますが、是非次の代、次の代と繋げていってほしいですね。

今後も陳健太郎の活躍から目が離せません。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする