スポンサードリンク

今回のマツコの知らない世界は山口敏太郎が登場します。

予言ビジネスの世界を教えてくれます。

年収や結婚した妻や子供が気になります。

wiki経歴とともに詳しく調べました。

スポンサードリンク

山口敏太郎(予言ビジネス)のwikiプロフィール

山口敏太郎(予言ビジネス)のwikiプロフィールです。

名前:山口敏太郎(やまぐちびんたろう)

本名:間敏幸(はざま としゆき)

生年月日:1966年7月20日

年齢:54歳

出身:徳島県

学歴:神奈川大学経済学部、放送大学大学院

職業:作家、タレント、実業家、ユーチューバー、漫画原作者、株式会社山口敏太郎タートルカンパニー代表取締役

肩書き:オカルト研究家

今回マツコの知らない世界に登場する山口敏太郎です。

マツコの知らない世界はその分野のオタクや研究者たちが登場し、マツコデラックスに色々教えてくれる番組です。

毎回分野が違うので面白く、人気の番組です。

山口敏太郎はオカルト研究家として予言の世界を教えてくれます。

予言といえばノスタルダムスの予言が有名ですよね。

そのほかインドの予言天才少年、ファティマ、マヤなど不思議な世界を紐解きます。

スポンサードリンク

山口敏太郎(予言ビジネス)の経歴は?

山口敏太郎(予言ビジネス)の経歴です。

山口敏太郎は徳島県で誕生します。

父親は徳島通運の専務でした。

幼少期から水木しげるに憧れており、10歳の時に徳島県で行われたイベントにて水木しげるからサインを貰います。

小学生の頃は週末は祖母が経営していた花屋の店番の手伝いをして過ごします。

高校は徳島県立城南高等学校へ入学します。

大学は神奈川大学経済学部経済学科へ入学しました。

大学時代はプロレス研究会に所属していました。

大学卒業後は日本通運に入社します。

日本通運に勤務しながらも放送大学大学院文化科学研究科で学んでいました。

同じ頃ネット物流の専門家としての活動も始めます。

日本経済新聞、ワールドビジネスサテライトで、IT物流のコメンテイターなどをしていました。

1996年人気オカルト情報誌である学研ムーのミステリーコンテストの妖怪進化論で優秀賞を受賞します。

ほかにも竜馬からの手紙、サンキュの日コンテスト、ドリームスターコンテスト小説部門で受賞します。

これにより40歳までは日本通運と兼業していましたが本格的に作家として活動を始めます。

有料メルマガの配信サービスやお化け屋敷のプロデュース、デザイナーとしても活躍しています。

株式会社山口敏太郎タートルカンパニー代表取締役でもあります。

この会社は千葉県船橋市にあります。

山口敏太郎は様々なこれくしもしており、これらは大内かっぱハウス&山口敏太郎の妖怪博物館に保管してあります。
最近ではユーチューバーとしても活躍しています。

YouTubeチャンネルは2010年から開設しており割と早い段階から始めています。

株式会社山口敏太郎タートルカンパニー
住所:千葉県船橋市新高根6-27-2
0471-94-3305

大内かっぱハウス・山口敏太郎の妖怪博物館
住所:銚子市中央町6-25
03-3526-7271

スポンサードリンク

山口敏太郎(予言ビジネス)の結婚した妻や子供は?

山口敏太郎(予言ビジネス)の結婚した妻や子供です。

山口敏太郎の妻や子供について調べましたがわかりませんでした。

公表していませんね。

不思議な山口敏太郎がどんな人と暮らしているのか気になったのですがわかりませんでした。

年齢的には結婚して子供がいてもおかしくはないですね。

早い方だと孫がいる人もいる年齢です。

スポンサードリンク

山口敏太郎(予言ビジネス)の年収は?

山口敏太郎(予言ビジネス)の年収です。

山口敏太郎の詳しい年収の金額はわかりませんでした。

山口敏太郎は40歳まで日本通運に勤務していました。

日本通運の平均年収は600万円でした。

一般的な会社員の平均年収よりは高いですね。

山口敏太郎は40歳の時に自身の会社をつくり、作家として独立しています。

理由は本業の日本通運の年収よりも副業の年収が超えたからと語っていました。

この時は合わせて1000万円以上の年収を稼いでいたことなりますね。

現在もこのくらいの稼ぎはキープしているのではないでしょうか。

スポンサードリンク

まとめ

今回はマツコの知らない世界に登場する山口敏太郎について調べました。

これまで山口敏太郎のことは知りませんでした。

オカルト研究家という肩書きを持っています。

確かにノスタルダムスやインドの予言天才少年など気になりますよね。

世の中には不思議なことがいっぱいです。

思わず人に話したくなりますよね。

今回山口敏太郎の話を聞いて色々調べてみようと思う人も増えたのではないでしょうか。

これからも山口敏太郎の研究から目が離せません。



おすすめの記事