富田治(中華蕎麦とみ田)の年収や結婚した妻や子供は?wiki経歴や年齢!行きつけラーメン屋や車は?【ジョブチューン】

今回のジョブチューンは富田治が登場します。

中華蕎麦とみ田です。

年収や結婚した妻や子供が気になります。

wiki経歴や年齢!行きつけラーメン屋や車は?とともに詳しく調べました。

スポンサードリンク

  • 富田治(中華蕎麦とみ田)wikiプロフィール(年齢・経歴)
  • 富田治(中華蕎麦とみ田)結婚した嫁や子供は?
  • 富田治(中華蕎麦とみ田)の行きつけラーメン屋や車は?
  • 富田治(中華蕎麦とみ田)年収は?
  • まとめ

富田治(中華蕎麦とみ田)wikiプロフィール(年齢・経歴)

富田治(中華蕎麦とみ田)wikiプロフィール(年齢・経歴)です。

 

名前:富田治

生年月日:1978年

年齢:41歳

出身:茨城県

学歴:高卒

実家:御影石を稼業としている

憧れの人物:東池袋大勝軒の創業者山岸一雄

職業:中華蕎麦とみ田代表

中華そばとみ田の代表をしています。

大つけ麺博では3度の優勝、TRYラーメン大賞は4連覇という快挙の店です。

「何度でも食べたい」をコンセプトにしたお店です。

そのコンセプト通り、何度も通うリピーターが多い店でも知られています。

一度食べるとファンになってしまうのですね。

行列ができる日が多く、なんと4時間も並んで食べたという強者もいます。

もう完全にとみ田に虜ですね。

2000年、富田治は東池袋大勝軒の創業者山岸一雄の弟子である田代浩二のもと、こうじグループで修業をします。

28歳の時に独立し中華蕎麦とみ田をオープンしました。

中華蕎麦とみ田といえば定番は「濃厚魚介豚骨つけ麺」です。

店舗が増えている現在も富田治自身が常に本店の厨房に立っています。

職人であり、経営者でもあります。

富田治のドキュメンタリー映画『RAMEN HEADS』も作られたほど影響ある人物です。

スポンサードリンク

富田治(中華蕎麦とみ田)結婚した嫁や子供は?

富田治(中華蕎麦とみ田)結婚した嫁や子供です。

富田治の結婚した妻や子供の情報を調べましたがわかりませんでした。

富田治はプライベートな時間がほぼないと言います。

昼間は厨房に立ち、その後は工場に行ったり、打ち合わせがあったりと大忙しの毎日です。

プライベートな情報は少ないですが、年齢的に結婚して子供がいてもおかしくはないですね。

スポンサードリンク

富田治(中華蕎麦とみ田)の行きつけラーメン屋や車は?

富田治(中華蕎麦とみ田)の行きつけラーメン屋や車です。

富田治本人も、都内の有名ラーメン店を食べ歩くほどの大のラーメン好きとして知られています。

また、日本一のラーメン店と言われているとみ田の代表が、どんなラーメン屋をおすすめするのか気になるところです。

富田治が自身のラーメン店をオープンする前はラーメン二郎 三田本店や、べんてんによく通っていたと言います。

ラーメン二郎は美味しいことはもちろん、安くてお腹いっぱいになるというところが気に入っています。

また、東池袋大勝軒はとくに好きな店でした。

のちの中華蕎麦とみ田に大きく影響した店ですね。

富田治はカッコいい車にのってそうですが、学生の頃はバイクにはまってて、現在は忙しくて車に乗る時間もないみたいです。

現在はベントレー1台とベンツ2台所有しています。

ベントレーは2000万円です。

夢がありますね。

スポンサードリンク

富田治(中華蕎麦とみ田)年収は?

は次のページへ

富田治(中華蕎麦とみ田)年収は?

富田治(中華蕎麦とみ田)年収です。

富田治は2006年にオープンして以来、年商10億を売り上げています。

すごい数字ですね。

自分の利益や、店を大きくしたい野望はオープンしてから2.3年で消えたといいます。

現在は自分の生き様を見せたかったり、ラーメン界を盛り上げたい気持ちが強いと言います。

かっこいいですね。

そうはいっても年収は気になります。

富田治はラーメン店の経営、本の出版、ドキュメンタリー映画出演、メディア出演、カップラーメンの売り出しと、とにかく多岐にわたり活躍しています。

自身に入る年収は億越えの可能性が高いです。

スポンサードリンク

まとめ

とてもかっこいい富田治でした。

ラーメンもとても美味しそうです。

中華蕎麦とみ田の存在は知っていましたが、実際に店に行ったことはありませんでした。

食べたことのあるのはセブンイレブンで発売している冷凍食品の中華蕎麦とみ田のつけ麺だけです。

レンジで温めるだけというお手軽さに、なんとなく手にした物でしたが、とても美味しかったです。

冷凍食品でこの美味しさなら、店舗で食べたらハマること間違いなしですね。

是非お店に行こうと思いました。