スポンサードリンク

今回の衝撃のあの人に会ってみたは天才ゴリラココを特集します。

生活フランシーヌ・パターソン博士も登場します。

天才で本当に人間のようなゴリラのココに驚きです。

Wiki経歴や現在、旦那や子供が気になります。

詳しく調べました。

スポンサードリンク

  • 天才ゴリラココとの生活とは?
  • フランシーヌ・パターソン博士Wikiプロフィール(大学・年齢)
  • フランシーヌ・パターソン博士の経歴は?
  • フランシーヌ・パターソン博士の現在は?
  • フランシーヌ・パターソン博士旦那や子供は?
  • まとめ

天才ゴリラココとの生活とは?

天才ゴリラココとの生活です。

雌のローランドゴリラです。

なんと手話を使い、人間との会話ができる天才ゴリラです。

手話で使える単語は2000語以上ありますよ。

ココが使うのは独自のゴリラ手話で読み取れるのはパターソン博士と数人だけと言われています。

ココは研究者だけでなく一般人からも注目されていました。

一般人と会話をするイベントも開催され人気がありました。

名前:ココ

生年月日:1971年7月4日

サイズ:身長175㎝、体重127kg

2018年6月19日に残念ながら亡くなっています。

ローランドゴリラの寿命は40から50年と言われています。

ココは46年間生きました。

手話は発達心理学研究家のフランシーヌ・パターソン博士がココに教えました。

ココが生後1歳の頃から教えています。

フランシーヌ・パターソン博士はココに絵本の読み聞かせなどをしていました。

その中で、ココがペットを飼育できるのかという観察で猫のボールを与えます。

ココは猫のボールをとても可愛がり愛情深くお世話をしていました。

しかし、ボールはある日車の事故で亡くなります。

それを知ったココは大声をあげて泣き、悲しむ様子が映像で残っています。

本当に人間のようですね。

愛情や悲しみ、喜びなど感情豊かですね。

スポンサードリンク

ペニー(フランシーヌ・パターソン博士)Wikiプロフィール(大学・年齢)

フランシーヌ・パターソン博士Wikiプロフィール(大学・年齢)です。

名前:フランシーヌ・パターソン博士

生年月日:1947年

年齢:72歳

出身:シカゴ

学歴:イリノイ大学、スタンフォード大学

職業:発達心理学研究家、ゴリラ財団の会長、動物心理学者

ローランドゴリラのココに手話を教えた人物です。

ココとの生活を綴った本も出版しています。

タイトルは「ココゴリラと子猫の物語」でアメリカではロングセラーのノンフィクションの絵本です。

スポンサードリンク

ペニー(フランシーヌ・パターソン博士)の経歴は?

フランシーヌ・パターソン博士の経歴です。

父のC. H.パターソン、母はフランシズスパーノパターソンのもとシカゴで誕生します。

父はイリノイ大学の心理学名誉教授です。

母は栄養士です。

1970年イリノイ大学では、行動発生、認知能力開発の研究で文学学士号を取得します。

1979年ローランドゴリラの言語能力の発達心理学的研究でスタンフォード大学で博士の学位を取得します。

ローランドゴリラのココに手話を教えた人物として世界中から注目されるようになりました。

ココには生後1歳から手話を教えていました。

ココが46歳で亡くなるまで一緒に過ごし、ココの成長を見守っていました。

ココとの生活を描いた本も多数出版しています。

スポンサードリンク

ペニー(フランシーヌ・パターソン博士)の現在は?

フランシーヌ・パターソン博士の現在です。

フランシーヌ・パターソン博士の現在の様子ついて調べましたがわかりませんでした。

フランシーヌ・パターソン博士は現在70歳を過ぎています。

発達心理学研究家、ゴリラ財団の会長、動物心理学者という職業柄、年齢関係なく活躍できるので、まだ現役で頑張っている可能性が高いですね。

ココが亡くなってまだ2年ですから、悲しみが薄れることはないでしょうね。

本当に親子のような関係でしたからね。

スポンサードリンク

ペニー(フランシーヌ・パターソン博士)旦那や子供は?

フランシーヌ・パターソン博士旦那や子供です。

フランシーヌ・パターソン博士の旦那や子供についてはわかりませんでした。

調べてもでてきませんでした。

ココを自分の子供のように育てていますから、独身の可能性も高いですね。

スポンサードリンク

まとめ

とても賢く可愛らしいゴリラのココでした。

ココが賢く手話を扱えるようになったのは、何よりもフランシーヌ・パターソン博士の育て方によるものでしょう。

世の中全てのゴリラがそうなのか、ココだからできたのかはわかりませんが、育て方や育った環境で人生が変わるのだなと深く思いました。

「死んだ後はどうなるの?」の質問に対し、ココは「苦しみのない穴に、さようなら」と答えています。

この言葉が何だか印象的でした。

ゴリラのココから教わることも大きいです。

人間よりも人間らしい、ゴリラのココでした。

フランシーヌ・パターソン博士も素晴らしい研究者ですね。



おすすめの記事