スポンサードリンク

年俸120円Jリーガーのメンタルや生活がすごい!

今回の激レアさんはアビコ(安彦考真)が登場します。

年俸120円Jリーガーです。

経歴や家族や収入源が気になります。

メンタルや生活がすごいと話題です。

詳しく調べました。

 

スポンサードリンク
 

激レアさんアビコ(安彦考真)wikiプロフィール

激レアさんアビコ(安彦考真)wikiプロフィールです。

名前:安彦考真(あびこたかまさ)

生年月日:1978年2月1日

年齢:42歳

出身:相模原市南区新磯

学歴:神奈川県立新磯高等学校

モットー:「本業、自分」

今回激レアさんに登場する安彦考真です。

激レアさんはかなり珍しい体験や生き方している唯一無二の存在の人が特集される番組です。

安彦考真は年俸120円のJリーガーとして出演します。

とてもワイルドなルックスでかっこいいですね。

 

スポンサードリンク
 

激レアさんアビコ(安彦考真)経歴やメンタルがやばい!

激レアさんアビコ(安彦考真)経歴やメンタルがやばいです。

神奈川県相模原市に誕生します。

幼少期からサッカーを始めていました。

始めたきっかけは漫画のキャプテン翼で、小学一年の時サッカー少年団に入ります。

中学ではキャプテンでしたが実力はチームで5、6番目という選手でした。

高校は神奈川県立新磯高等学校へ進学します。

しかし、ここはサッカーの弱小高でした。

高校3年の時に自力で費用を貯め、本場ブラジルは留学します。

渡航資金は新聞配達で30万円貯めました。

高校卒業後はブラジルが本拠地のグレミオ・マリンガへの入団が決まるが、怪我のため無念の帰国となります。

その後は選手兼コーチ兼通訳というポジションで活躍していましたが、ほかのJリーグのチームの入団テストに次々と不合格になり、引退を決めます。

引退後は指導者、通訳、サッカースクールFOOTの運営、北澤豪の個人事務所のマネジメント、中央高等学院の総監督兼講師などサッカーに携わる仕事をします。

中央高等学院の総監督兼講師をしていた頃やはりプロになりたいと、神奈川県リーグのブレッサ相模原、南FCで活躍します。

2017年にはエリースFC東京へ入団します。

2018年3月31日に水戸ホーリーホックと契約します。

この時の給料はなんと月1円でした。

これを10ヶ月契約という内容でかなり異例となります。

しかし出場はないままに契約満了で退団します。

2019年Y.S.C.C.横浜へ移籍しました。

2019年3月10日には41歳1ヶ月9日でのJリーグデビューとなり、これはJリーグ最年長初出場記録となります。

2020年も契約しますがなんと年俸は120円でした。

安彦考真は2020年をもって現役を引退することを発表しています。

スポンサードリンク
 

安彦考真(年俸120円Jリーガー)家族や結婚は?

安彦考真(年俸120円Jリーガー)家族や結婚です。

安彦考真は現在実家で暮らしています。

年齢的には結婚して子供がいてもおかしくはないですが、結婚の情報はありませんでした。

安彦考真は結婚の適齢期など一般的な考えはないでしょう。

また、有名人ではあるので結婚したら発表があるでしょう。

このことから独身の可能性が高いですね。

安彦考真のインタビューなどを見ているとあまり結婚には興味がなさそうに見えますね。

異性や恋愛系の話や噂は一切ありませんでした。

 

スポンサードリンク
 

安彦考真(年俸120円Jリーガー)の収入源や生活は?

安彦考真(年俸120円Jリーガー)の収入源や生活です。

安彦考真は現在Y.S.C.C.横浜に所属していますが年俸は120円です。

これでは1日生活するのも無理ですよね。

生活費はどうしているのか気になります。

現在は実家で暮らしています。

仕事はJリーガーのほかにも新事業に着手しており、これは引退後も続けていく予定です。

知人と共にTHINK2121を立ち上げました。

日本の様々な分野での後継者不足、移民問題解消などの事業化の機会をさぐっています。

きちんと社会と向き合って、夢だけでなく将来のことも考えている安彦考真です。

収入がどのくらいあるのか詳しい金額はわかりませんでした。

 

スポンサードリンク
 

まとめ

今回は激レアさんに登場する安彦考真について調べました。

安彦考真を調べるととても素晴らしい考えを持っていることがわかりました。

安彦考真はサッカーは趣味だと語っていました。

趣味を最高峰の環境でやれていて幸せと語っていましたよ。

本当に思いたったらすぐ行動できる安彦考真で次々とチャレンジをしています。

また、周りの常識や考えに振り回されずに己を貫いている姿がかっこいいです。

安彦考真のような生き方はかなり大変でしょうが、憧れる面もありますね。

とても素敵な安彦考真でした。



おすすめの記事