神田松之丞(かんだ まつのじょう)講談師って誰?wikiプロフィール(経歴・年齢・経歴)結婚した妻や子供は?【ダウンタウンDX】




今回のダウンタウンDXな、神田松之丞が出演します。

神田松之丞は、講談師です。

独演会では定員数百人の会場を満員にするなど、新しい風を吹かす講談師ですね。

トークが楽しみです。

神田松之丞が気になったので詳しく調べました。

スポンサードリンク

  • 神田松之丞(かんだ まつのじょう)wikiプロフィール(経歴・年齢)
  • 神田松之丞(かんだ まつのじょう)経歴は?
  • 神田松之丞(かんだ まつのじょう)結婚した妻は?
  • 神田松之丞(かんだ まつのじょう)子供は?
  • 神田松之丞(かんだ まつのじょう)落語家と講談師の違いは?
  • 神田松之丞(かんだ まつのじょう)現在の年収は?
  • まとめ

神田松之(かんだ まつのじょう)wikiプロフィール(経歴・年齢)

神田松之(かんだ まつのじょう)wikiプロフィールを調べました。

名前:神田松之丞(かんだまつのじょう)

本名:古舘 克彦(ふるたち かつひこ)

生年月日:1983年6月4日

年齢:35歳(2019年現在)

出身:東京都豊島区

血液型:A型

まだ35歳の若い方ですね。

幼少期は、アニメからお笑いまで見るテレビっ子でした。

プロレスも好きでした。

幼少期に興味を持ったものって、大人になってからも、大きく影響してきますよね。

これも今の仕事に影響を与えていることでしょう。

スポンサードリンク

神田松之丞かんだ まつのじょう)経歴は?

神田松之(かんだ まつのじょう)経歴を調べました。

中学生時代は、プロレスや漫画スラムダンクブームにのり、バスケをします。

よくいる普通の中学生ですね。

高校卒業後は、浪人します。

その時に立川談志にはまり、講談師になることを決めます。

神田松鯉に入門し、「神田松之丞」と命名されます。

また、特定の芸能事務所には所属しておらず、自らがスケジュール管理を行っています。

現在、「チケットが取れない」と話題の講談師になっています。

書籍、CD、DVDも販売しています。

売れっ子講談師になれたのですね。

言葉だけで人を笑わせるなんて、よほどのテクニックや天性のものがあるのでしょうね。

スポンサードリンク

神田松之丞(かんだ まつのじょう)結婚した妻は?

神田松之丞(かんだ まつのじょう)結婚した妻を調べました。

神田松之丞は結婚しています。

元出版社に勤めていた一般人です。

一般人のため、情報はありませんでした。

神田松之丞は、現在35歳ですから、男性の結婚適齢期には、結婚していたのですね。

スポンサードリンク

神田松之丞(かんだ まつのじょう)子供は?

神田松之丞(かんだ まつのじょう)子供を調べました。

神田松之丞は子供がいます。

2018年9月に第一子が誕生しています。

今は、とても可愛い時でしょうね。

気になる性別ですが、妻が「性別は子供が自ら決めること」と考えており、公表していません。

現在LGBTが話題となっていますが、ここまで性別に寛容な考えを持っている人は珍しいので

はないでしょうか。

こういった人が増えるとLGBTの方も過ごしやすい世の中になるでしょうね。

最先端な考えの奥様ですね。

スポンサードリンク

神田松之丞(かんだ まつのじょう)落語家と講談師の違いは?

神田松之丞(かんだ まつのじょう)落語家と講談師の違いを調べました。

一般的には落語家のほうが馴染みがあるのでしょうか。

落語は会話で物語が進んでいきます。首や手を振りながら、色々な登場人物を一人で演じます。

一方、講談師は、物語を語りながら、間にセリフを挟みます。

や落語のように登場人物そのものを演じる訳ではなく、第三者の目線で語ります。

似ているようで少し違いますね。

今は、講談師になりたい女性が増えています。

スポンサードリンク

神田松之丞(かんだ まつのじょう)現在の年収は?

神田松之丞(かんだ まつのじょう)現在の年収を調べました。

神田松之丞の年収はわかりませんでした。

しかし、一般的に講談師の年収は300万~550万前後と言われています。

思ったより少ないですね。

神田松之丞のように人気があると金額が増えるのでしょうか。

神田松之丞は、メディアの露出もあるので、そのぶんもプラスになるでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

落語ほど馴染みはありませんでしたが、講談も聞いてみたいですね。

やはり、声だけで人を楽しませる才能は素晴らしいですよね。

唯一無二の存在でしょう。

まだまだ若い神田松之丞ですから、これからどんどん腕も上がるでしょう。

今後も楽しみですね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする