スポンサードリンク

今回のモニタリングに中村輪夢(りむ)が登場します。

BMXで話題ですよ。

wiki経歴や高校が気になります。

年収や彼女や父親の店とともに詳しく調べました。

 

スポンサードリンク
 

 

  • 中村輪夢(りむ)BMXのwikiプロフィール(中学・高校)
  • 中村輪夢(りむ)BMXの経歴や成績は?
  • 中村輪夢(りむ)BMXの父親のお店HANGOUT(ハングアウト)とは?場所や詳細は?
  • 中村輪夢(りむ)BMXの彼女は?
  • 中村輪夢(りむ)BMXの年収は?
  • まとめ

中村輪夢(りむ)BMXのwikiプロフィール(中学・高校)

中村輪夢(りむ)BMXのwikiプロフィール(中学・高校)です。

名前:中村輪夢(りむ)

生年月日:2002年2月9日

年齢:17歳

在住:京都

学歴:京都つくば開成高校

サイズ:身長165センチ、体重55キロ

現在話題のBMX選手です。

名前がとても珍しいですよね。

由来は自転車の車輪の部品の「リム」からつけました。

なぜ自転車かというと父親が元BMXライダーでした。

漢字は車輪五輪の輪と夢からつけました。

名前だけだと性別がどちらかわかりませんが、男性です。

スポンサードリンク

中村輪夢(りむ)BMXの経歴や成績は?

中村輪夢(りむ)BMXの経歴や成績です。

元BMXライダーの父辰司さんのもとに生まれました。

2歳年上の姉がいます。

父親の影響で3歳からBMXを始め、父からの才能ある遺伝子を受け継ぎ、5歳で初めて出場し、小学生高学年の頃には全大会のキッズクラスで優勝する実力の持ち主です。

11歳の時にプロクラスに転向しました。

2015年にはBMXの本場のアメリカで開催されたRECON TOURの13〜15歳クラスで優勝し、その世代の世界一になりました。

2017年6月スポーツマネジメントのファーストトラック株式会社でマネジメント契約を締結しました。

2018年6月ウイングアーク1st株式会社とスポンサー契約を締結し、現在ウイングアーク1st株式会社に所属しています。

2015年FISE World成都大会(アマチュア)、2016年RECON TOUR(13から15歳クラス)、2016年PERUGIA CUP、2016年G-Shock Real Tougness、2017年JAPAN CUP大会富山大会、2017年第1回全日本BMXフリースタイル・パーク選手権大会と全て優勝しています。

そのほか、2017年FL BMX Series3位、2017年UCIUCIアーバンサイクリング世界選手権7位、2018年UCIワールド杯広島大会9位、2019年 UCIワールド杯広島大会準優勝、2019年XGames Minneapolis2019BMX Park 銀メダルと抜群の成績です。

ほかのBMXライダーの仲間からは「エアーが高く、技の完成度が高い」と評判です。

スポンサードリンク

中村輪夢(りむ)BMXの父親のお店HANGOUT(ハングアウト)とは?場所や詳細は?

中村輪夢(りむ)BMXの父親のお店HANGOUT(ハングアウト)とは?場所や詳細です。

中村輪夢の父親は京都市内でHANGOUTというBMXショップを経営しています。

父親は中村辰司さんで、元BMXライダーです。

京都府京都市右京区西京極堤外町18-45
090-8238-3679

スポンサードリンク

中村輪夢(りむ)BMXの彼女は?

中村輪夢(りむ)BMXの彼女です。

中村輪夢の彼女の情報はありませんでした。

とてもかっこいい中村輪夢ですから、モテるでしょう。

しかし、彼女とデートよりもBMXの練習で忙しくそれどころではないかもしれませんね。

通っている京都つくば開成高校は共学なので、学校での恋があれば素敵ですね。

スポンサードリンク

中村輪夢(りむ)BMXの年収は?

中村輪夢(りむ)BMXの年収です。

中村輪夢の詳しい年収はわかりませんでした。

BMXは2020年から東京オリンピックの正式種目になりましたね。

BMXは、レースとフリースタイルの2つにわかれます。

フリースタイルは、5つのパートに分けられています。

BMXの収益はスポンサーとの契約金、大会での獲得賞金、ショーでの出演料、スクールでのコーチング料などです。

BMX単体で食べていけている人は少数といわれています。

兼業としてBMXライダーをやっている人もいます。

しかささ、世界的にも活躍できるBMXライダーになれれば年収1000万円を超えることも可能といわれています。

スポンサードリンク

まとめ

とてもフレッシュでかっこいい中村輪夢でした。

中村輪夢は「自転車に乗っている時間が一番好き。楽しいのでいつまでも乗っていられます。新しい技ができたときのうれしさは格別です」と語っています。

たのしんで競技に挑んでいる人は無敵ですね。

いつまでもその気持ちで、これからも日本を代表するBMXライダーでいてほしいですね。



おすすめの記事