松本紀生(写真家)年収やwiki経歴!結婚の妻や子供やオーロラ使用カメラは?【世界まる見え】

今回の世界まる見えは松本紀生が登場します。

写真家です。

年収やwiki経歴が気になります。

結婚の妻や子供やオーロラ使用カメラは?とともに詳しく調べました。

 

スポンサードリンク
 

  • 松本紀生(写真家)wikiプロフィール(年齢・大学)
  • 松本紀生(写真家)経歴は?
  • 松本紀生(写真家)使用カメラは?
  • 松本紀生(写真家)年収は?
  • 松本紀生(写真家)結婚した妻や子供は?
  • まとめ

松本紀生(写真家)wikiプロフィール(年齢・大学)

松本紀生(写真家)wikiプロフィール(年齢・大学)です。

名前:松本紀生(まつもとのりお)

生年月日:1972年2月

年齢:47歳

出身:愛媛県松山市

学歴:立命館大学を中退し、アラスカ大学へ編入

すきなもの:寄席

好きな歌手:さだまさし

好きな作家:後藤正治

職業:自然写真家

ものすごく綺麗なオーロラの写真を撮ります。

動物や自然も撮ります。

躍動感があり、写真に詳しくない素人が見てもすごいとわかります。

見入ってしまいますね。

数々の本も出版しています。

細身でかっこいいルックスです。

スポンサードリンク

松本紀生(写真家)経歴は?

松本紀生(写真家)経歴です。

立命館大学在学中に写真家になることを決め、中退します。

中退後はアラスカ大学へ編入しました。

撮影の技術や、それに伴うキャンプの知識は渡独学です。

現在ではなんと一年の半分をアラスカで過ごしています。

夏は北極圏や無人島で過ごします。

冬は氷河の上でかまくらでひとりで生活をします。

かまくらは自分でつくります。

そういう生活をしながら自然の撮影をしています。

ちなみに食にはこだわりがありません。

2004年には北米大陸最高デナリに登頂し、様々なメディアで紹介されます。

日本国内のみならず、海外でも作品を発表しています。

写真の素晴らしさに国境は関係ないですね。

初写真集原野行は講談社出版文化賞、木村伊兵衛賞にダブルノミネートされました。

一年の半分だけ過ごす日本滞在中は学校や企業、団体で講演をしています。

また、テレビ出演もしており、情熱大陸やクレイジージャーニー、林先生が驚く初耳学など誰もが知る大人気番組に出ています。

スポンサードリンク

松本紀生(写真家)使用カメラは?

松本紀生(写真家)使用カメラです。

NikonD4Sです。

このカメラボディーは、高速高精度なAFを誇っています。

高価なものです。

望遠ズームレンズはNIKKOR80-400mmです。

これは小型軽量であり、幅広い望遠域をカバーし、高い光学性能とクラス最高レベルのAF速度を持っているのが特徴です。

ザトウクジラの撮影なんかは小さなゴムボートの上で行います。

撮影機材と少しの装備を乗せれば余裕ないほど狭いボートの上です。

そして小さなボートは常に揺れ続けます。

そんな厳しい条件でも小型軽量の80-400mmは非常に扱いやすいといいます。

ニコンD5は高感度画質がオーロラの撮影に向いていたといいます。

松本紀生によるとマイナス40度でも問題なく動いたといいます。

スポンサードリンク

松本紀生(写真家)年収は?

松本紀生(写真家)年収です。

松本紀生の年収を調べましたがわかりませんでした。

カメラマン、フォトグラファーの年収はピンキリだといいます。

松本紀生の収入源は本の出版、メディア出演、講演、などでしょうか。

松本紀生にしかできない仕事です。

年収は気になりますが、お金ではなく好きなことを仕事にして輝いている松本紀生がかっこいいですね。

スポンサードリンク

松本紀生(写真家)結婚した妻や子供は?

は次のページへ

松本紀生(写真家)結婚した妻や子供は?

松本紀生(写真家)結婚した妻や子供です。

松本紀生は結婚していて妻がいます。

妻は淳子さんです。

一年の半分しか日本にいない松本紀生ですが、日本にいるときも全国で講演しているので一箇所にとどまることはありません。

奥さんはとても理解がある方ですね。

松本紀生と妻の淳子さんは毎日電話をし合っています。

そこが離れていても仲良しの秘訣でしょう。

寂しい時もありそうですが、旦那さんが好きな仕事をして輝いている姿はかっこいいですからね。

松本紀生の奥さんは淳子さんにしか務まらないでしょう。

子供についても調べましたが、わかりませんでした。

いない可能性が高いです。

スポンサードリンク

まとめ

極寒やアラスカに行ったり、無人島で生活しながら写真撮影をする松本紀生です。

イメージとしてはワイルド系の男性を想像しましたが、松本紀生は細身の綺麗目な穏やかそうな男性でした。

イメージと真逆でした。

それにしてもとても素敵で素晴らしい写真を撮る松本紀生です。

思わず見入ってしまいますね。

松本紀生にしかできない仕事です。

今後も松本紀生から目が離せません。



おすすめの記事