クレイグ・ファロン(柔道元世界王者)死因は?妻や子供は?wikiプロフィール(年齢・経歴)




柔道元世界王者クレイグ・ファロンが36歳という若さで死亡しました。

心よりご冥福お祈りいたします。

死因や家族などクレイグ・ファロン(柔道元世界王者)について気になりましたので詳しく調べてみました。

スポンサードリンク

  • クレイグ・ファロン(柔道元世界王者)死亡について
  • クレイグ・ファロン(柔道元世界王者)死因は?
  • クレイグ・ファロン(柔道元世界王者) wikiプロフィール(年齢・経歴)
  • wikiプロフィール(年齢・経歴)妻や子供は?
  • まとめ

クレイグ・ファロン(柔道元世界王者)死亡について

クレイグ・ファロン(柔道元世界王者)死亡についてです。

国際柔道連盟は16日、男子60キロ級で2005年世界選手権を制したクレイグ・ファロン(英国)が15日に死去したと発表した。

36歳だった。

英BBC放送(電子版)によると、死因は明らかにされていない。五輪は04年アテネ、08年北京両大会に出場。

今春から英ウェールズ・チームを指導していた。

英ウェールズ・チームを指導していて志半ばでの死という事本当に残念です。

彼は土曜日に行方不明になり、The Wrekinで36歳で死んでいるのが発見された。

彼の遺体は、ウルヴァーハンプトンから西に40km離れたウェリントンの近くの景勝地で発見されました。

スポンサードリンク

クレイグ・ファロン(柔道元世界王者)死因は?

クレイグ・ファロン(柔道元世界王者)死因は現段階では不明です。

公式な発表はありません。

ここからは推測ですが、自殺か突然死か何かの事件にあったかの可能性が高いですが、

警察は下記のように疑わしい状況はないということで突然死の可能性が高いかもしれません。

現段階では死因はありませんが、West Mercia Policeは疑わしい状況はないと述べています。

「関与したと考えられる第三者はいません。検死官は知らされました。」

突然死となると心臓発作などでしょうか。

本当に残念ですね。

スポンサードリンク

クレイグ・ファロン(柔道元世界王者) wikiプロフィール(年齢・経歴)

クレイグ・ファロン(柔道元世界王者) wikiプロフィール(年齢・経歴)です。

名前:クレイグ・ファロン

生年月日:1982年12月18日

出身:イギリスのイプスウィッチ

スポーツ:柔道選手

階級:60kg級

身長:167cm

主な戦績

2001年 – ヨーロッパジュニア  2位

2002年 – 英連邦競技大会 優勝

2003年 – フランス国際 優勝

2003年 – ヨーロッパ選手権 2位

2003年 – 世界選手権 2位

2004年 – チェコ国際 優勝

2004年 – U23ヨーロッパ柔道選手権大会 優勝

2005年 – フランス国際 3位

2005年 – ポーランド国際 優勝

2005年 – 世界選手権 優勝

2006年 – ヨーロッパ選手権 優勝

2007年 – イギリス国際 優勝

2008年 – オーストリア国際 優勝

2008年 – 北京オリンピック 7位

2012年引退を表明しました。そして2019年にはウェールズ代表のヘッドコーチとなったが、2019年7月15日に死去。36歳没。

スポンサードリンク

クレイグ・ファロン(柔道元世界王者)妻や子供は?

クレイグ・ファロン(柔道元世界王者)にはパートナーと息子がいました。

2019年にはウェールズ代表のヘッドコーチになってからは単身でウェールズに行っていたようです。

正式に結婚はしていないかもしれませんが、外国ではパートナーの関係は多いですし、奥さんと変わらないと思います。

子供やパートナーもびっくりしたでしょう。かわいそうです。36歳は早すぎますし、突然すぎますね。

スポンサードリンク

まとめ

今回、クレイグ・ファロン(柔道元世界王者)の死亡についてまとめました。

死因などはわかっていなく謎が残りますが、事件性はないという事で突然死などの可能性が高そうです。

心よりご冥福お祈りいたします。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする