錦見泰郎(にしきみやすお)社長(錦見鋳造)の年収や家族(妻・子供)は?wiki(大学・経歴) !魔法のフライパン購入方法や口コミ!【カンブリア宮殿】

毎日、誰もが使うフライパンですが、ただのフライパンではなく、鋳造技術が生んだ「魔法のフライパン」をご存知でしょうか。

この「魔法のフライパン」の生みの親、錦見鋳造株式会社の社長錦見泰郎が、カンブリア宮殿に出演します。

まるでドラマのような「小さな町工場から、話題の作品が生まれた!」な、お話ですね。

普通の主婦を料理上手に変えると話題の「魔法のフライパン」という夢のような道具を生み出した錦見泰郎は、どんな人物なのか気になったので、調べました。

スポンサードリンク

  • 錦見泰郎(にしきみやすお)wikiプロフィール(年齢・年齢)
  • 錦見泰郎 ( にしきみやすお ) 経歴は?
  • 錦見泰郎 ( にしきみやすお ) 家族 ( 妻・子供 )
  • 魔法のフライパン通販や購入方法は?
  • 魔法のフライパン口コミは?
  • 錦見泰郎 ( にしきみやすお ) 社長年収は?
  • まとめ

錦見泰郎(にしきみやすお)wikiプロフィール(年齢・年齢)

錦見泰郎(にしきみやすお)wiki風プロフィールを調べました。

名前:錦見泰郎(にしきみやすお)

生年月日:1960年

年齢:59歳(2018年現在)

出身:愛知県名古屋市

職業:錦見鋳造株式会社の代表取締役社長

好きな言葉:「すぐやる、必ずやる、できるまでやる」「人事を尽くして天命を待つ」

生まれ育った愛知県名古屋市で、その後大ヒットとして世に知られる「魔法のフライパン」を生み出したのですね。

まさに小さな町工場から、世界へというドラマのような人生を送っていますね。

スポンサードリンク

錦見泰郎(にしきみやすお)経歴は?

錦見泰郎(にしきみやすお)の経歴を調べました。

1960年愛知県名古屋市に誕生します。

高校卒業後、1960年創業の錦見鋳造2代目として自動車などの鋳物部品をつくってきました。

当時は社長が父親で職人は5人です。

錦見泰郎が社長を引き継ぐと間もなく、バブルが崩壊し、取引先からの値下げ要求がありました。

このとき、このままでは経営が行き詰まると真剣に悩みます。
そこで出した答えが「自社商品を持つ事」でした。

そこで考えたのが、後にヒットとなる「魔法のフライパン」です。

試行錯誤の上、開発から10年後の2001年に、やっと世に出す事ができました。

錦見泰郎は、「人の3倍難しいことができなければ、今の難局は乗り切れない」をモットーに開発していました。

錦見泰郎の覚悟が伝わりますね。

それにしても、開発から10年だなんて、気が遠くなるほどの努力だったのでしょうね。

錦見泰郎の努力に、世の主婦たちは感謝ですね。

スポンサードリンク

錦見泰郎(にしきみやすお)家族(妻・子供)

錦見泰郎(にしきみやすお)家族を調べました。

錦見泰郎には、妻がいます。

名前は「博子」さんで、錦見鋳造株式会社の取締役をしています。

子供を調べましたが、わかりませんでした。

もしいたら、年齢からすると、もう孫がいてもおかしくないですね。

スポンサードリンク

魔法のフライパン通販や購入方法は?

魔法のフライパンの通販や購入方法を調べました。

錦見鋳造株式会社の魔法のフライパンは、現在インターネット又は、取扱店舗で購入できます。

取扱店舗は、東急ハンズ、三越伊勢丹です。

フライパンの大きさは、24cm、26cm、28cmと三種類あり、値段もそれぞれ8000円、10000円、12000円です。

錦見鋳造株式会社のホームページにも記載がありますが、注文後、到着まで少々時間がかかります。

以前は、魔法のフライパンを注文してから手元の届くまで1年くらいかかっていました。

それほどまでに人気で、価値があるものなのですね。

一度使ってみたいです。

スポンサードリンク

魔法のフライパン口コミは?

魔法のフライパン口コミを調べました。

魔法のフライパンは、すき焼き鍋などに使われる”鉄の鋳物”で作ったものです。

重くて調理器具には不向きだと言われてきた鋳物で作られる「魔法のフライパン」だが、その重さは、一般的なアルミ製のフライパンと変わらない980グラムしかありません。

これを実現したのが、業界の常識を打ち破った”薄さ”にあります。

鋳物の調理器具の薄さは5ミリが限界」と言われる中で1.5ミリという薄さを実現させている。この圧倒的な差別化で「魔法のフライパン」は累計22万個を売り上げる大ヒット商品になります。

一度使用した人は、もう手放せないでしょうね。

錦見泰郎(にしきみやすお)社長年収は?は次のページへ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする