スポンサードリンク

いよいよ来年のFIFA女子ワールドカップの出場権を懸けたAFC女子アジアカップが

4月7日よりヨルダンで行われます。

2011年ワールドカップ優勝の感動をもう一度味わせていただきたいです。

今大会は、内容ではなく結果を重視して必ずFIFA女子ワールドカップ出場権を

獲得してほしいです。

 

今回はAFC女子アジアカップヨルダンに挑むなでしこジャパンについて

書きたいと思います。

 

AFC女子アジアカップヨルダンとは

なでしこジャパンメンバーは?

高倉監督とは?

注目選手は?

まとめ

 

 

AFC女子アジアカップヨルダンとは?

 

AFC女子アジアカップヨルダンとは、その名の通り女子フル代表の

アジアNO1を決める大会になります。

 

日本は前回大会は優勝しています。

 

今大会はFIFA女子ワールドカップの予選も兼ねており、績上位5ヶ国は、

2019年に行われるFIFA女子ワールドカップフランス2019の出場権を獲得します

 

今大会の最大の目標は、FIFA女子ワールドカップフランス2019の出場権獲得です。

その上で、やはりアジアチャンピオンとしてワールドカップに出場してほしいです。

 

大会概要

 

グループA

【A1】ヨルダン(開催国) 【A2】中国 【A3】タイ 【A4】フィリピン

グループB

【B1】日本 【B2】オーストラリア 【B3】韓国 【B4】ベトナム

 

グループステージ

 

ラウンド グループ マッチNo. 対戦カード
MD1 A 1 ヨルダン 対 フィリピン
2 中国 対 タイ
B 3 日本 対 ベトナム
4 オーストラリア 対 韓国
MD2 A 5 フィリピン 対 中国
6 タイ 対 ヨルダン
B 7 ベトナム 対 オーストラリア
8 韓国 対 日本
MD3 A 9 ヨルダン 対 中国
10 タイ 対 フィリピン
B 11 日本 対 オーストラリア
12 韓国 対 ベトナム

 

ノックアウトステージ/5位決定プレーオフ

 

5/6位決定戦 13 グループAの3位 対 グループBの3位
準決勝1 14 グループAの1位 対 グループBの2位
準決勝2 15 グループBの1位 対 グループAの2位
3/4位決定戦 16 準決勝1の敗者 対 準決勝2の敗者
決勝 17 準決勝1の勝者 対 準決勝2の勝者

 

 

日本の試合日程

 

47() 16:45 グループステージ第1 vs ベトナム女子代表
King Abdullah Stadium
410() 16:45 グループステージ第2 vs 韓国女子代表
Amman International Stadium
413() 16:45 グループステージ第3 vs オーストラリア女子代表
Amman International Stadium
417() TBC 準決勝(King Abdullah Stadium
420() 20:00 決勝(Amman International Stadium

 

まずは予選リーグで上位突破が必要でしょう。

予選は中2日です。

すべての試合を戦うと5試合。

11人だけでは絶対勝てません。

23人全員で戦うことが必要です。

 

 

 

なでしこジャパンメンバーは?

 

 

1 池田 咲紀子

1992.09.08

168cm/60kg

浦和レッズレディース

 

18 山下 杏也加

1995.09.29

170cm/64kg

日テレ·ベレーザ

 

21 平尾 知佳

1996.12.31

173cm/64kg

アルビレックス新潟レディース

 

3 鮫島 彩

1987.06.16

163cm/53kg

INAC神戸レオネッサ

 

6 有吉 佐織

1987.11.01

159cm/51kg

日テレ·ベレーザ

 

2 宇津木 瑠美

1988.12.05

168cm/59kg

シアトル·レインFC(アメリカ)

 

4 熊谷 紗希

1990.10.17

173cm/63kg

オリンピック・リヨン(フランス)

 

17 高木 ひかり

1993.05.21

164cm/60kg

ノジマステラ神奈川相模原

 

23 三宅 史織

1995.10.13

165cm/52kg

INAC神戸レオネッサ

 

22 清水 梨紗

1996.06.15

160cm/47kg

日テレ·ベレーザ

 

5 市瀬 菜々

1997.08.04

160cm/58kg

マイナビベガルタ仙台レディース

 

10 阪口 夢穂

1987.10.15

165cm/56kg

日テレ·ベレーザ

 

7 中島 依美

1990.09.27

158cm/48kg

INAC神戸レオネッサ

 

15 阪口 萌乃

1992.06.04

157cm/50kg

アルビレックス新潟レディース

 

12 猶本 光

1994.03.03

158cm/55kg

浦和レッズレディース

 

15 中里 優

1994.07.14

148cm/45kg

日テレ·ベレーザ

※4/2 離脱

 

19 増矢 理花

1995.09.14

160cm/52kg

INAC神戸レオネッサ

 

16 隅田 凜

1996.01.12

159cm/52kg

日テレ·ベレーザ

 

14 長谷川 唯

1997.01.29

157cm/48kg

日テレ·ベレーザ

 

9 川澄 奈穂美

1985.09.23

157cm/50kg

シアトル·レインFC(アメリカ)

 

13 菅澤 優衣香

1990.10.05

168cm/65kg

浦和レッズレディース

 

8 岩渕 真奈

1993.03.18

156cm/52kg

INAC神戸レオネッサ

 

20 横山 久美

1993.08.13

155cm/52kg

1.FFCフランクフルト(ドイツ)

 

11 田中 美南

1994.04.28

164cm/56kg

日テレ·ベレーザ

高倉監督とは?

高倉監督プロフィール

 

高倉 麻子タカクラ アサコ

生年月日:1968年4月19日(49歳)

出身地:福島県福島市

身長:163cm

在籍チーム:サッカー日本女子代表(監督)

 

現役時代

ポジション:MF

利き足:右足

 

1985-1998

読売ベレーザ

1999

松下バンビーナ

2000

シリコンバレー

2001-2004

スペランツァ高槻

代表歴

1984-1999

 

ご自身も選手時代強豪の読売ベレーザや女子サッカーの強豪国アメリカでも

プレーしています。

日本代表でも活躍されました。

 

なでしこジャパンの監督に就任してからは約1年11カ月が経ちました。

 

監督になってから招集した選手は約45名。

 

22試合を戦い、10勝3分け9敗の戦績です。

 

決してうまく言っているとは言えませんが世代交代を進め、

若いメンバーを多く起用するなどしたためでもあります。

本番はワールドカップです。今後の戦い戦績に注目です。

 

 

注目選手は?

今大会の注目選手ははやり、最後直前で代表復帰した川澄 奈穂美選手です。

短期決戦の場合ベテランの経験は必ずチームのプラスになります。

試合に出ていなくても試合までの雰囲気づくり、大事な場面での出場、

チームを落ち着かせるなど若手には出来ない事ができるはずです。

 

そのベテランの力が今のなでしこジャパンには必要と監督は判断して

最後に招集したはずです。

 

2011年澤選手のような存在になってほしいです。

 

 

まとめ

4年に一度のワールドカップ。

男子同様、女子もサッカーをやっている人はこのワールドカップを

目標にやっています。

ワールドカップ本大会出場権を必ずつかみ取ってほしいです。

まさしく絶対に負けない戦いです。

 

頑張れなでしこジャパン!

 

みなさんもテレビの前でヨルダンに声援を送りましょう。

 



おすすめの記事