マツコ会議fumiya(三海郁弥)の彼女や年収は?フィリピンで一番有名な日本人のwiki経歴!

今回のマツコ会議はfumiyaが登場します。

三海郁弥です。

彼女や年収が気になります。

フィリピンで一番有名な日本人のwiki経歴と共に詳しく調べました。

スポンサードリンク

fumiya(三海郁弥)wikiプロフィール

fumiya(三海郁弥)wikiプロフィールです。

名前:fumiya

本名:三海郁弥(さんかいふみや)

生年月日:1995年3月19日

年齢:25歳

出身:静岡県浜松市

学歴:専門学校

特技:バスケ

職業:ビデオブロガー、俳優、レコーディングアーティスト、インフルエンサー

肩書き:静岡県浜松市観光大使、Bリーグ三遠ネオフェニックスSNSアンバサダー

今回のマツコ会議にfumiyaが登場します。

本名は三海郁弥です。

イケメンですが日本ではあまり知られていませんね。

しかしフィリピンでは大人気のfumiyaです。

フィリピンでの知名度は日本人ではトップではないでしょうか。

なぜフィリピンでこんなにも活躍しているのでしょう。

現在SNSの総フォロワー数は440万人以上います。

スポンサードリンク

fumiya(三海郁弥)の経歴は?

fumiya(三海郁弥)の経歴です。

三海郁弥は静岡県浜松市で誕生します。

兄弟は4人で三海郁弥の他、弟が2人と一人の姉妹がいます。

高校卒業後は上京し一人暮らしを始めました。

仕事は銀座のホテルに勤務し2年間働きました。

しかし夢は別にあり自身のファッションを作り上げ販売する事でした。

この夢を早く実現するためまずは自身が有名になろうとYouTubeチャンネルの立ち上げをします。

また、英語が重要だと考え2017年フィリピンに勉強をしに行きます。

ここでPBBオーディションを受けスクリーニングに合格し、フィリピンのリアリティショー ばんPBBOTSOハウスメイトになります。

これがきっかけで映画やドラマで俳優として、又は歌手として活躍するようになりフィリピンに滞在する事を決めます。

fumiyaの人気は凄まじくイベントに出演すると20分で70万円のギャラが発生するほどです。

人気はフィリピンだけでなくアメリカ、カナダ、日本、サウジアラビア、シンガポール、香港、台湾と世界各地にフォロワーがいます。

2019年には肺気胸のためフィリピンでのスケジュールをキャンセルし帰国しました。

地元静岡県浜松市でゆっくりと治療に専念しました。

fumiyaはフィリピンで今最も有名な日本人といっても過言ではないでしょう。

フィリピンと日本の架け橋になる重要な人物です。

スポンサードリンク

fumiya(三海郁弥)の彼女は?

fumiya(三海郁弥)の彼女です。

fumiya(三海郁弥)に彼女はいるのでしょうか。

fumiya(三海郁弥)の彼女を調べましたが情報はありませんでした。

現在25歳のfumiya(三海郁弥)です。

恋愛が楽しい頃でしょう。

しかしユーチューバー、俳優、タレント、歌手とかなり仕事が順調で忙しいのでそんな暇はないのかもしれませんね。

目撃情報などもありませんでした。

基本的にはフィリピンで活動しているfumiya(三海郁弥)ですから彼女は現地の方の可能性もありますね。

ちなみに結婚の情報もありませんでした。

スポンサードリンク

fumiya(三海郁弥)の年収は?

は次のページへ

fumiya(三海郁弥)の年収は?

fumiya(三海郁弥)の年収です。

fumiya 三海郁弥の年収はどのくらいなのでしょう。

高校卒業後はホテルのベルボーイとして働いていた三海郁弥です。

この時は東京に住んでいましたし、この収入だけでは一人暮らしをするのもカツカツだったのではないでしょうか。

しかし2017年フィリピンに渡ってからは人生が変わります。

今や俳優、タレント、歌手、ユーチューバーなど多岐に渡り活躍しています。

フィリピンでは三海郁弥のイベントは20分70万円のギャラが発生するといいます。

すごいですよね。

1000万円以上の年収は余裕であるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

まとめ

今回のマツコ会議はfumiya(三海郁弥)が登場します。

主にフィリピンで活躍するタレント、俳優、歌手、ユーチューバーです。

日本での知名度はあまりありませんがフィリピンでは絶大な人気を誇るfumiya(三海郁弥)です。

2017年に英語の勉強のために訪れたフィリピンでこのような大人気となりました。

つい最近の事ですね。

やはり何かを成功したり掴み取る人は行動力がありますよね。

fumiya(三海郁弥)は日本とフィリピンの架け橋です。

今後の活躍もたのしみですね。