スポンサードリンク

皆さんパスワードはいくつお持ちですか?

いくつかのパスワードを変更のたびに使いまわしていませんか?

今回総務省からパスワード変更について驚きの変更がありました。

 

今まで「パスワードを定期的に変更し、使い回さない」という事が

口酸っぱく言われてきましたが、なんと180度方向転換。

 

パスワード定期変更は不要になるようです。

 

なんで今更?何が起きたのか?

疑問に思いましたので調べてみました。

 

 

  • 総務省の変更内容
  • なぜパスワード定期変更は不要になったのか?
  • 今後の対策

 

総務省の変更内容

総務省の「国民のための情報セキュリティサイト」に記載されていた変更箇所は下記です。

 

「パスワードを定期的に変更し、使い回さない」という記述を

「パスワードを複数のサービスで使い回さない(定期的な変更は不要)」と変更しました。

 

どうゆう事かというと

「パスワードを変更する必要はありません」という事です。

 

利用するサービスによっては、パスワードを定期的に変更することを求められることも

ありますが、実際にパスワードを破られアカウントが乗っ取られたり、

サービス側から流出した事実がなければ、パスワードを変更する必要はないようです。

 

今後、各サイトの方針も変わっていくかもしれませんね。

すでにYahooなどは方針を変えたようです。

 

パスワード変更って結構面倒だのでうれしいですね。

 

でも180度方向転換。なぜ今更なのでしょう?

セキュリティーは大丈夫なのか心配になりますよね。

 

 

なぜパスワード定期変更は不要になったのか?

 

理由は2017年に、米国国立標準技術研究所(NIST)からガイドラインとして、

サービスを提供する側がパスワードの定期的な変更を要求すべきではない旨が

示されたからだそうです。

 

ちなみに定期的な変更をすることで、パスワードの作り方がパターン化し

簡単なものになることや、使い回しをするようになることの方が問題となります。

定期的に変更するよりも、機器やサービスの間で使い回しのない、

固有のパスワードを設定することが求められるようです。

 

 

私もいくつかのパスワードを使いまわししていました。

今後は強固なパスワード一つにしたいと思います。

 

今後の対策

今後の対策は強固なパスワードにすることでしょう。

 

強固なパスワードとは下記のようなパスワードです。

 

「Tr0ub4dor&3」のように不規則な文字列のパスワードよりも、

「correct horse battery staple」と単語を4つ並べて文字数を稼いだほうが

破られにくくなるそうだ。

 

皆さんも参考に単語を4つ並べて文字数を稼いだ強固なパスワードを作ってみてください。

あとは複数のサービスで使いまわさないことが大事だそうです。

 



おすすめの記事