皆さん絵本作家で児童文化研究家、加古里子(かこさとし)をご存知でしょうか?

 

5月2日加古里子(かこさとし)さんが92歳でお亡くなりになりました。

 

そんなかこさとしさんの亡くなる2か月前の3月から1か月間創作の現場を取材した

プロフェッショナル仕事の流儀が放送されます。

 

加古里子(かこさとし)気になりましたので詳しく調べてみました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

  • 加古里子(かこさとし)さんWiki風プロフィール
  • かこさとしさん代表作
  • かこさとしさん家族は?
  • かこさとしさん死因の慢性腎臓病とは?
  • かこさとしさん記念館について
  • まとめ

 

加古里子(かこさとし)さんWiki風プロフィール

 

加古里子(かこさとし)Wiki風プロフィールです。

名前:加古 里子(かこ さとし)

本名:中島 哲(なかじま さとし)

生年月日:1926年3月31日

職業:絵本作家、児童文学者

ペンネーム:かこさとし

出身:福井県越前市、8歳より東京都板橋区

高校:成蹊高校

成蹊高校を卒業後昭和電工に入社。

研究所勤務を続けながら、川崎市などでセツルメント活動や、児童向け人形劇、紙芝居などの活動を行う。

最初の絵本は、「だむのおじさんたち」(1959年)。

 

 

 

 

かこさとし代表作

 

かこさとし作品は、700点を超す数になります。

子どもの好奇心を引き出す「かわ」「海」「地球」などの科学絵本や数多く手がけ紙芝居や一般書をだしています。

 

代表作はらすのパンやさん」「だるまちゃんとてんぐちゃん」「だるまちゃん」シリーズ「未来のだるまちゃんへ」などがあります。

 

 

皆さん一度は目にされたことがある方が多いのではないでしょうか?

2008年に菊池寛賞を受賞しています。

 

すばらしいですね。

最後の92歳まで作品をつくられたその魂がすばらしいですし、名作達を生み出したのだと

思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

かこさとし家族は?

かこさとしの家族は奥さんと二人の娘さんがいます。

 

奥さんとの出会いは同じ会社で、奥さんは部長秘書をされていたようです。

 

 

 

かこさとしさん死因の慢性腎臓病とは?

かこさとしさん死因の慢性腎臓病だそうです。

 

 

腎臓は老廃物を追い出したり、血圧調整、血液を作る指令、体液量イオンバランスの調整

強い骨を作るなどの機能をはたしています。

 

腎不全はとは腎臓の機能が低下して正常に働かなくなることです。

尿の量が増えたり、逆に作られなくなって減ったり尿などに問題が出るようです。

 

またそれにより老廃物たまったり、体のイオンバランスが崩れると吐き気、だるさ、

呼吸困難など様々な問題が出てくるようです。

 

92歳という歳の影響もあると思いますが、大変ですね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

かこさとしさん記念館について

かこさとしさんの記念館があります。

場所は出身地福井県です。

 

名前は「絵本館」です。

福井に行った際は寄ってみてください。

 

 

記念館詳細

『かこさとし ふるさと絵本館「石石」(らく)』

•場所:福井県福井県越前市高瀬1-14-7

•TEL:0778-21-2019

•休館日:毎週火曜日、他国民の祝日の翌日、年末年始

 

 

 

まとめ

 

今回、先日92歳で亡くなった絵本作家かこさとしさんについてまとめてみました。

亡くなる直前まで作品作りをしていたその魂がこの素晴らしい作品たちを生み出しているの

だと思いました。

 

かこさとしさんの作品は生き続け、これからもたくさんの人たちに読まれるでしょう。

本当に素晴らしい92年間でしたね。

ゆっくり休んでください。

 

 



おすすめの記事