スポンサードリンク

SNS、メディア等で話題の「お菓子の空き箱ペーパークラフト」の作者である河口晴季がソノサキに出演します。

お菓子の空箱だけで作るクラフトアートが、クオリティ高く、細部まで遊び心わわ忘れません。

制作風景の動画も人気の、今話題沸騰中の河口晴季が気になったので、詳しく調べました。

 

スポンサードリンク

  • 河口晴季(お菓子箱立体アート大学生)Wikiプロフィール(大学・年齢・顔)!
  • 河口晴季(お菓子箱立体アート大学生)経歴は?
  • お菓子の空き箱ペーパークラフトとは?
  • 河口晴季(お菓子箱立体アート大学生)作り方は?
  • 河口晴季(お菓子箱立体アート大学生)SNS投稿作品画像!
  • 河口晴季(お菓子箱立体アート大学生)販売や購入方法は?
  • まとめ

【おすすめ関連記事】

河口晴季(お菓子箱立体アート大学生)Wikiプロフィール(大学・年齢・顔)!

河口晴季wiki風プロフィールを調べました。

名前:河口晴季(かわぐちはるき)

性別:男性

大学:神戸芸術工科大学3回生(2018年現在)

偏差値:44〜48

河口晴季は、メディアに取り上げられて間もない一般人の為、これ以上の情報がありませんでした。

また、SNSを調べましたが、顔もわかりませんでした。

大学イベント時の写真なども、顔は隠しています。

作品の作成動画を見ると、細くて長い綺麗な指をしています。

顔を出さないミステリアスな雰囲気も、魅力の一つにしているのでしょうか。

 

スポンサードリンク

河口晴季(お菓子箱立体アート大学生)経歴は?

河口晴季の経歴を調べました。

河口晴季がペーパークラフトや立体切り絵などに興味を持ったのは、幼少期に見ていたNHKの「つくってあそぼ」でした。

NHK「つくってあそぼ」といえば、わくわくさんですね。

幼少期、多くの人が見よう見まねでわくわくさんのように、切ったり貼ったり、色々な工作をした事でしょう。

それが、大人になり、こんなにも素晴らしい作品を作るとは、元々のセンスが良いのでしょうね。

それに加え、想像力、根気力が強いのが河口晴季なのですね。

 

スポンサードリンク

お菓子の空き箱ペーパークラフトとは?

お菓子の空箱ペーパークラフトを調べました。

ペーパークラフトとは、紙を素材としてつくる模型です。

折り紙と区別するために、一枚の紙からさまざまな大きさ、色、形の部品を切り出して組み立てるものと定義することもあります。

ペーパークラフトのプロも存在し、彼らの中にはコンピューターを使用せずに定規等の器具による作図で複雑な作品を製作するものもいます。

河口晴季は、お菓子の空箱を使って制作しているので、元々捨てられる物を使って、素敵な作品に生まれ変わらせるところが魅力ですよね。

 

スポンサードリンク

河口晴季(お菓子箱立体アート大学生)作り方は?

河口晴季お菓子箱立体アートの作り方を調べました。

河口晴季は、作品を作るときは、箱を見て作るものを決め、設計図などは作らず、頭の中でどんどん立体にしてバラシて部品を作って。。と作業を進めていきます。

頭の中がどうなっているのでしょうか。

まさに、河口晴季にしか作れない作品ですね。
その製作時間は、10時間~15時間かかります。

ものすごい根気と、集中力が必要ですね。

中でも、アイスコーヒーの箱や、アルフォートの箱で作成した品が人気が高いようです。

河口晴季(お菓子箱立体アート大学生)SNS投稿作品画像!は次のページへ



おすすめの記事