スポンサードリンク

伊豆諸島の鵜渡根(うどね)島の神社の謎とは?

伊豆諸島の鵜渡根 ( うどね ) 島の神社の謎を調べました。

鵜渡根島は近年、“無人島なのに地図には神社を表す鳥居の地図記号が記されていると話題になっています。

島の名は島内に祀られている鵜渡根后明神に由来することから、神さまがいるのでしょうか。

また、鵜渡島には、かつて人が住んでいました。

なので、無人化島(昔は人がいたが、今はいなくなった島)ですね。

八丈小島も軍艦島も、無人化島です。

かつては人が暮らしていましたが、ある時島民がそろって島を離れ、今は誰も住んでいません。

やはり謎が多いですね。

気になること満載です。

今回の調査で実際に100年以上前にあった神社はまだ存在しました。

画像がこちら。

謎が一つ解けましたね!

スポンサードリンク

まとめ

なんだか、情報もあまりなく、本当に謎の島でした。

それが、不思議さ、神秘さ、不気味さ、と色んな要素をとらえ、人々の知りたいという欲を刺激してきますね。

今後も、人が住めるようになるのでしょうか。

上陸不可の島、鵜渡根島の今後にも注目ですね。

【おすすめ関連記事】



おすすめの記事