梅田達也(保護猫カフェ)ねこかつアクセス(場所)や口コミ評判や料金!wiki経歴や年収は?【情報大陸】




今回の情熱大陸は、梅田達也です。

保護猫カフェねこかつをしています。

アクセス(場所)や口コミ評判や料金が気になります。

wiki経歴や年収とともに詳しく調べした。

スポンサードリンク

  • 梅田達也(保護猫カフェ)wikiプロフィール(年齢・大学)
  • 梅田達也(ねこかつ)経歴は?
  • ねこかつ(保護猫カフェ)アクセスや場所や料金は?
  • ねこかつ(保護猫カフェ)口コミ評判は?
  • 梅田達也(保護猫カフェ)の年収は?
  • まとめ

梅田達也(保護猫カフェ)wikiプロフィール(年齢・大学)

梅田達也(保護猫カフェ)wikiプロフィール(年齢・大学)です。

名前:梅田達也

生年月日:1972年

年齢:46歳

出身:東京

学歴:明治大学法学部

梅田達也は、埼玉県内にカフェ「ねこかつ」のオーナーです。

猫カフェ流行っていますよね。

しかし、梅田達也の猫カフェは、普通のよくある猫カフェとは違います。

ここには、元野良猫たちが50匹いて、みんな新しい飼い主を探しています。

現在、去勢をせずに繁殖しすぎた猫たちが、ドキュメント番組などで取り上げられていますよね。

粗悪な環境で育つ猫たちがかわいそうです。

保健所に収容された動物も一定期間を過ぎると殺処分され、その数年間約5万匹です。

そこで、手を差し伸べてくれたのが梅田達也です。

見るからに優しそうな穏やかそうな風貌ですね。

梅田達也は、新しい飼い主を探す活動を自分のカフェを通じて、6年続けています。

カフェだけでなく、百貨店やデパート、ホームセンターなど、国内最大級の譲渡会も企画しています。

スポンサードリンク

梅田達也(ねこかつ)経歴は?

梅田達也(ねこかつ)経歴です。

幼少期から大の猫好きでした。

明治大学法学部を卒業後は、弁護士を志すが司法試験に不合格し、諦めます。

一度、外資系の流通企業に就職するも、2011年東日本大震災で避難地域に取り残された猫犬を保護する活動に参加したことを機に退職を決断します。

ここが人生のターニングポイントですね。

そして、2013年に保護猫カフェねこかつをオープンしました。

現在は、埼玉県川越市とさいたま市の2店舗あります。

現時点でも、ひっきりなしに捨てられた子猫の持ち込み、野良猫の捕獲依頼が梅田達也の元に入ります。

毎日忙しく気がつけば深夜になっており、店て世を明かす事もあるといいます。

猫たちのために人生をかけて活躍している梅田達也です。

スポンサードリンク

ねこかつ(保護猫カフェ)アクセスや場所や料金は?

ねこかつ(保護猫カフェ)アクセスや場所や料金です。

現在、埼玉県川越市とさいたま市の2店舗あります。

川越店

〒350-0043 埼玉県川越市新富町1丁目17−6
070-5029-8392
定休日は月曜日
そのほかの曜日は12時〜20時
西武新宿線本川越駅より徒歩約2分
JR川越駅より徒歩約10分
※クレアモール商店街の中です。

大宮日進店

埼玉県さいたま市北区日進町2-851-1MKビル2階
080-4329-4522
定休日は月曜日
そのほかの曜日は12時〜20時
JR日進駅より徒歩約5分
※日進駅の南口を出て、日進七夕通りをまっすぐ300メートルほど進むと、左手に1階が学習塾の建物がみえます。その2階がねこかつ大宮日進店です。

時間制の後払いです。1ドリンク付きです。
※18歳以下の方は、下記料金より半額です。(全日)

30分600円、一時間1000円、以降30分ごと400円です。

また、注意事項もあります。

・毛皮着用の方お断り

・靴下の着用のお願い(ストッキング不可)

猫たちの事を真剣に考えているからこその注意事項ですね。

ルールを守って楽しみたいですね。

スポンサードリンク

ねこかつ(保護猫カフェ)口コミ評判は?

ねこかつ(保護猫カフェ)口コミ評判です。

梅田達也のカフェねこかつには、平日には約20人、休日になると70~80人の客が訪れます。

流れとしては、アルコールスプレーで手に吹きかけてくれて、中の過ごし方の注意点の説明をされます。

そして、冷蔵庫にある中からドリンク1つを自由に選びます。

行った方は、かわいい猫と会えるから、ということではなく、いろいろ考えさせられると言います。

お店の動物愛を強く感じることでしょう。

子猫から大人の猫まで、いろいろな猫がいます。

中には、人間がこわいのか、嫌いなのか、「シャー!」と威嚇する猫もいますが、ほとんどの猫は触られても大丈夫な猫です。

トイレはとても清潔ですよ。

スポンサードリンク

梅田達也(保護猫カフェ)の年収は?

は次のページへ

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする