柴田章吾(難病高校球児)のベーチェット病とは?現在の職業や結婚した妻は?【その他の人に会ってみた】




今回のその他の人に会ってみたは柴田章吾が登場します。

高校球児ですが、難病にかかっていました。

ベーチェット病とはどんな病気なのでしょう。

現在の職業や結婚した妻が気になります。

詳しく調べました。

スポンサードリンク

  • 柴田章吾(難病高校球児)wikiプロフィール(年齢・高校・経歴)
  • 柴田章吾の1万人に1人の難病ベーチェット病とは?
  • 柴田章吾(難病高校球児)結婚した妻や子供は?
  • 柴田章吾(難病高校球児)現在の職業は?
  • まとめ

柴田章吾(難病高校球児)wikiプロフィール(年齢・高校・経歴)

柴田章吾(難病高校球児)wikiプロフィール(年齢・高校・経歴)です。

名前:柴田章吾

生年月日:1989年4月30日

年齢:30歳

出身:愛知県名古屋市

育ち:三重県いなべ市

学歴:明治大学

サイズ:175センチ、80キロ

職業:元プロ野球選手。現在はて、大手外資系総合コンサルティングファーム・アクセンチュア株式会社で経営/ITコンサルタント

小2から野球を始め、夢であるプロ野球選手にもなれました。

読売ジャイアンツから育成3位指名を受け、年俸240万円、支度金100万円(推定)でした。

スポンサードリンク

柴田章吾の1万人に1人の難病ベーチェット病とは?

柴田章吾の1万人に1人の難病ベーチェット病です。

中学3年生の時に厚生労働省指定の難病ベーチェット病を発症しました。

高校時代はベーチェット病による入院生活により長期間野球ぐできない時期もあったが、2年生春からベンチ入り、3年生夏に甲子園に出場しました。

ベーチェット病は再発・寛解を繰り返す原因不明の慢性疾患です。

自己免疫疾患の一つで、膠原病類縁疾患と呼ばれています。

近年、その本体は血管炎であると考えられており、発病年齢は男女とも10代後半〜40歳に多いです。

柴田章吾は中3の時海外遠征を控えていた頃、突然ものすごい腹痛に襲われます。

病院では胃腸炎と診断されるものの、1週間薬を飲み続けても回復せず、症状は悪化し、40度の高熱が出て、口内炎が20個ぐらいできました。

病院に行ってしっかり検査してもらったんです。

その結果、厚生労働省指定の難病である「ベーチェット病」を発症していることがわかり、その場ですぐに入院が決定します。

中学最後の1年間は出席日数の半分程度しか学校に行くことができないほどでした。

ベーチェット病は完治する病気ですが、柴田章吾は体に気を使って毎日3食バランスよく食事を摂り、野球で適度な運動をすることができていたので、すごく健康体になったと言います。

スポンサードリンク

柴田章吾(難病高校球児)結婚した妻や子供は?

柴田章吾(難病高校球児)結婚した妻や子供です。

柴田章吾の結婚や子供を調べましたが、情報はありませんでした。

おそらく独身でしょう。

年齢からすると、そろそろ結婚を視野に入れる時期でしょうか。

2016年に現在の仕事に就いたばかりですから、今までは結婚どころではなかったのかもしれませんね。

ステキな人と出会えるといいですね。

スポンサードリンク

柴田章吾(難病高校球児)現在の職業は?

は次のページへ

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする