坂元裕二(脚本家)の結婚した妻の森口瑤子との馴れ初めや子供は?年収やwikiプロフィール(経歴・年齢・大学)【プロフェッショナル】

プロフェッショナルで『最高の離婚』『カルテット』、数多のヒットドラマを手がける脚本

家、坂元裕二が特集されます。

今回は、初めての密着取材半年間の苦闘の記録が放送されます。

坂元裕二(脚本家)について気になりましたので詳しく調べてみました。

スポンサードリンク

  • 坂元裕二(脚本家)wikiプロフィール(年齢・大学)
  • 坂元裕二(脚本家)経歴は?
  • 坂元裕二(脚本家)結婚した妻の森口瑤子とは?馴れ初めは?
  • 森口瑤子(坂元裕二嫁)wiki風プロフィール(経歴・年齢)
  • 坂元裕二(脚本家)子供は?
  • 坂元裕二(脚本家)年収は?
  • まとめ

【おすすめ関連記事】

プロフェッショナル仕事の流儀で友田明美(福井大学・小児神経科医)が特集されます。 友田明美は虐待が脳に与える影響を世界で初めて実証した...
皆さん10代女子のオシャレ番長で19歳モデルの横田真悠(よこたまゆう)をご存知でしょうか。 今回、プロフェッショナルのハラジュクSPで...

坂元裕二(脚本家)wikiプロフィール(年齢・大学)

坂元裕二(脚本家)wikiプロフィールです。

名前:坂元 裕二(さかもと ゆうじ)

生年月日:1967年5月12日

年齢:51歳(2018.11現在)

出身:大阪府

高校:奈良育英高等学校

大学:進学なし

職業:脚本家・作詞家と東京芸術大学教授

スポンサードリンク

主な作品

テレビドラマ

『東京ラブストーリー』

『わたしたちの教科書』

『Mother』

『それでも、生きてゆく』

『最高の離婚』

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』

『カルテット』

映画

『世界の中心で、愛をさけぶ』

『西遊記』

スポンサードリンク

坂元裕二(脚本家)経歴は?

坂元裕二は、数々の話題のドラマを手がけている有名脚本家です。

人気ドラマ『東京ラブストーリー』や映画『世界の中心で、愛をさけぶ』など数々の有名作を

手掛けています。

高校時代から本に触れだして、映画では相米慎二、小説では中上健次に憧れていました。

高校卒業後大学には行かず1987年、第1回フジテレビヤングシナリオ大賞を19歳で受賞しデ

ビューしました。

そして4年後の1991年に、『東京ラブストーリー』が大ヒットして、月曜日の夜9時は街から

女性たちが消えたと言われるほどの社会現象を巻き起こしています。

デビューでフジテレビヤングシナリオ大賞を受賞もすごいですが、デビューから4年後に東京

ラブストーリーを手掛けたと思うとやはりすごい方ですね。

その後も『最高の離婚』『カルテット』など、名だたるヒットドラマを手がけています。

現在は脚本家・作詞家と東京芸術大学教授として活躍されています。

大学に行っていないのに現在大学教授をしているとはすごいですね。

スポンサードリンク

坂元裕二(脚本家)結婚した妻の森口瑤子とは?馴れ初めは?

坂元裕二(脚本家)が結婚した妻が女優の森口瑤子です。

森口瑤子とは1998年に結婚しています。

お綺麗な奥さんです。

才能がある方にはきれいな奥さんが似合いますね。

二人の馴れ初めは坂元裕二が監督をした映画『ユーリ』での共演です。

監督作品『ユーリ』の公開が、1996年で、結婚が1998年ですから、

交際期間は2年~3年くらいだと思います。

きっと数々の女優を見ている中で森口瑤子は輝いていたんでしょうね。

スポンサードリンク

森口瑤子(坂元裕二嫁)wiki風プロフィール(経歴・年齢)

森口瑤子(坂元裕二嫁)wiki風プロフィールです。

名前:森口 瑤子(もりぐち ようこ)

別名義:灘 陽子 (旧芸名)

生年月日1966年8月5日

年齢:52歳(2018.11現在)

出身:東京都

身長:164 cm

血液型:A型

職業:女優

ジャンル:映画、テレビドラマ、舞台

活動期間:1983年 –

活動内容

1983年:ミス松竹に選出

1983年:『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』でデビュー

1985年:『必殺仕事人V』

1986年:『遊びじゃないのよ、この恋は』

1988年:『父』

1990年:『スキ!』

1991年:『太平記』

1992年:『課長島耕作』

1995年:『ユーリ 海が見たいと君が言って』

2004年:『温泉 (秘) 大作戦』

2010年:『インディゴの夜』

坂元裕二(脚本家)子供は?は次のページへ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする