龍崎翔子(東大生) 経営する5つホテルの場所や料金や口コミは?Wikiプロフ(経歴)や年収や高校が気になる!彼氏や両親は?【セブンルール】

ホテルプロデューサーとして注目を集める現役東大生の龍崎翔子をご存知でしょうか?。

龍崎翔子は東大入学後の19歳で起業しています。

現在では全国で5つのホテルを経営する注目のホテルプロデューサーです。

そんな龍崎翔子や経営する5つのホテルが気になりましたので詳しく調べてみました。

スポンサードリンク

  • 龍崎翔子wiki風プロフィール(年齢、高校、大学)
  • 龍崎翔子経営する5つホテルの場所や料金や口コミは?
  • 龍崎翔子なぜ大学生でホテル経営出来るのか?
  • 龍崎翔子両親は?
  • 龍崎翔子彼氏は?
  • 龍崎翔子画像まとめ
  • まとめ

2015年に本場ナポリのピッツァ職人世界選手権で3位に輝き、うどん県・香川で本場の味が 楽しめる「ピッツェリア アルチェントロ」を営む...

龍崎翔子wiki風プロフィール(年齢、高校、大学)

龍崎翔子wiki風プロフィールです。

名前:龍崎翔子 りゅうざき しょうこ

生年月日:1996年2月9日(21歳)

出身:東京生まれ 京都育ち

中学:京都教育大学付属京都中学

高校:京都教育大学付属高等学校(偏差値69)

大学:東京大文科2類(経済学部)

現在:ホテルプロデュ〜サ〜、L&G GLOBAL BUSINESS, Inc. 代表

スポンサードリンク

龍崎翔子経営する5つホテルの場所や料金や口コミは?

龍崎翔子の経営する5つホテルの場所や料金や口コミについてです。

現在は京都・富良野・大坂・湯河原・層雲峡でソーシャルホテルの運営

またプロデュース・リノベーションも行っているようです。

他にも、日本各地でホテルコンサル・プロデュース・運営委託、ホテル業を軸に旅行業・

不動産業など多岐に事業展開を行っているそうです。

段々大ききなって事業を広げているのがわかります。

龍崎翔子のホテルはこの5つです。

HOTEL SHE Kyoto、HOTEL SHE, OSAKA、ホテルクモイ、#MELON、The Ryokan Tokyo YUGAWARA

HOTEL SHE Kyoto

所在地: 〒601-8041 京都府京都市南区東九条南烏丸町 16 Station,

電話: 075-634-8340

参考料金9,000円前後

HOTEL SHEOSAKA

所在地: 〒552-0012 大阪府大阪市港区市岡1丁目2−5

電話: 06-6577-5500

参考料金10,000円前後

ホテルクモイ

所在地: 〒078-1701 北海道上川郡上川町層雲峡

電話: 070-1580-6524

参考料金12,000円前後

petit-hotel #MELON

所在地: 〒076-0034 北海道富良野市北の峰町14−31

電話: 0167-23-6060

参考料金13,000円前後

The Ryokan Tokyo YUGAWARA

所在地: 〒259-0314 神奈川県足柄下郡湯河原町宮上742

電話: 0465-63-3498

参考料金8000円前後

京都・富良野・大坂・湯河原・層雲峡にあるすべてホテルで「ソーシャルホテル」の

コンセプトで作られており、それぞれテーマは違いますがべてが魅力的なホテルで宿泊者から

口コミは、どのホテルも良いです。

みなさん一度泊まって体験してみてください。。

スポンサードリンク

龍崎翔子なぜ大学生でホテル経営出来るのか?

19歳の時に母親に社長になってもらい資金を調達して起業したそうです。

さすがに大学生でいきなり起業して不動産を買えるような資金はありませんもんね。

富良野のホテルをきっかけに事業が成功して急成長。幅広く事業が展開できるようになったん

でしょう。

現在では1億3000万円以上の資金を調達済みの様です。

スゴイですね。最近では民泊も合法になり、またインバウンド需要がすごい事からホテルの

需要も変わってきています。

時代にマッチしたのだと思います。

それにしても大学生でここまでなるとはすごいですね。

スポンサードリンク

龍崎翔子両親は?

龍崎翔子の両親が気になります。

両親については一般人のため情報があまりありませんでした。

しかし、龍崎翔子はやはりご両親の仕事の関係でアメリカに住んでいたこともあるという事

や、東京で生まれて京都で育っています。

そして中学から国立に通っていることを考えるとそれなりの両親だと思います。

大手企業に勤めているのが濃厚ではないかと個人的には思います。

龍崎翔子彼氏は?は次のページへ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする