大西益央(おおにしますお)の日本で食べれるラーメンお店の場所(アクセス)や口コミは?wikiプロフィール(大学・経歴)!結婚した嫁や子供画像や年収は?【情熱大陸】




情熱大陸にラーメン店主大西益央が出演します。

大西益央米ボストンで「今、最も熱いレストラン」第1位を3か月連続獲得したラーメン屋Tsurumen Davisの店主です。

大西益央のラーメンが日本で食べれるお店や大西益央について気になりましたので詳しく調べてみました。

スポンサードリンク

  • 大西益央(おおにしますお)wikiプロフィール(大学・経歴)!
  • 大西益央(おおにしますお)結婚した妻や子供は?
  • 大西益央(おおにしますお)現在の年収は?
  • 大西益央(おおにしますお)の日本で食べれるラーメンお店は?
  • 鶴麺鶴見本店場所やアクセス口コミは?
  • Tsurumen Oriental noodle大阪城北詰店場所やアクセス口コミは?
  • まとめ

大西益央(おおにしますお)wikiプロフィール(大学・経歴)!

大西益央(おおにしますお)wikiプロフィールです。

名前:大西益央(おおにしますお)

生年月日:1976年

年齢:42歳(2019.02現在)

高校:近畿大学付属高校

大学:近畿大学

出身地:大阪

職業:ラーメン屋「Tsurumen Davis」の店主

経歴

2007年:大阪市鶴見区に鶴麺オープン
2010年:2号店らぁ麺クリフオープン
2014:ハワイに1号店オープン
2015:らぁ麺クリフをTsurumen Oriental noodle」にリニューアルオープン
2015:ニューヨークで試験オープン
2018:ボストンにTsurumen Davisオープン

スポンサードリンク

大西益央(おおにしますお)結婚した妻や子供は?

大西益央(おおにしますお)は現在42歳という事で結婚して子供がいてもおかしくない年齢です。

異国の地での挑戦は当然つらいことも多く、家族の存在があると無いでは違うと思います。

大西益央(おおにしますお)は綾子さんと結婚しています。

こちらが綾子さんです。

そして子供もいます。子供は13歳長女と5歳長男です。

長女がこちら。

長男がこちら

今の大西益央(おおにしますお)を支える家族が本当に理解のある家族でよかったですね。

スポンサードリンク

大西益央(おおにしますお)現在の年収は?

大西益央(おおにしますお)の現在のボストンのラーメン屋は営業時間がなんと午後6時から8時までのたった2時間です。

そして夜9時半にはスタッフと共にビールを飲むことが幸せと語る大西益央の現在の年収が気になります。

はっきりした年収はわかりませんが2時間営業でも生活できる収入があるのですね。

そして、日本にも似人気ラーメン店が2店あるのでそちらからの収入もあると思います。

通常人気ラーメン店になると年収1000万円くらいはいくようです。

日本のラーメン屋も人気店ですし、複数店舗があるので予想ですが、年収は2000万円くらいはあるかもしれませんね。

スポンサードリンク

大西益央(おおにしますお)の日本で食べれるラーメンお店は?

大西益央(おおにしますお)のラーメンが食べたいけどボストンまではなかなか行けないですよね。

日本で大西益央が手掛けていて大西益央の味が食べれるラーメンのお店は2店舗あります。

鶴麺鶴見本店とTsurumen Oriental noodleです。

両店舗とも大阪にあります。

一度食べてみたい方は是非行ってみてください。

スポンサードリンク

鶴麺鶴見本店場所やアクセスや口コミは?

まずは鶴麺鶴見本店の場所やアクセス口コミです。

鶴麺 鶴見本店(つるめん)

住所:大阪府大阪市鶴見区鶴見5-1-9

アクセス:今福鶴見駅から545m

地下鉄長堀鶴見緑地線 今福鶴見駅から徒歩8~10分。
地下鉄今里筋線 新森古市駅から徒歩15~18分。

営業時間

平日
11:00~14:30
土日祝
11:00~15:00

18:00~23:00(L.O.)

※スープが無くなり次第終了

定休日:水曜日

口コミです。

食べログも3.61で口コミもかなりいいです。

中華そば有名店です。
塩つけそばや黒つけそばも美味しいですが、個人的には豚あえそばが大好きです。他にない味。ここでしか食べられない味。麺は平打ち麺。つけそばの麺は光沢がありツルツルで弾力のある細麺。

何回か訪店、中華そば、三元豚あえそば共にとても美味しかったです!つけ麺も食べましたが、自分的にはこの2品推しです!

スポンサードリンク

Tsurumen大阪城北詰店場所やアクセスやメニューは?

は次のページへ

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする