バーファイブ(大阪ミナミ発砲事件)事件現場や犯人顔画像や経営者!犯人特徴や犯行動機は?オンラインカジノとは?




2019/3/11午前1時頃大阪ミナミで発砲事件がありました。

場所は道頓堀近くのバーファイブです。

バーファイブや犯人について気になりましたので詳しく調べてみました

スポンサードリンク

  • バーファイブ(大阪ミナミ発砲事件)について
  • バーファイブ(会員制)場所や経営者は?
  • オンラインカジノとは?
  • オンラインカジノは日本では違法?合法?
  • 犯人顔画像や特徴は?
  • 犯人犯行動機は?
  • まとめ

バーファイブ(大阪ミナミ発砲事件)について

バーファイブ(大阪ミナミ発砲事件)についてです。

事件は大阪の繁華街道頓堀近くのバーファイブでおこりました。

11日午前1時ごろ、大阪市中央区宗右衛門町のビル3階に入るバーで「意識のない男性がいる」と119番があった。

南署などによると、店内にいた男性従業員(42)と男性客(32)が男に拳銃のようなもので撃たれ、

病院に搬送されたがいずれも意識不明の重体。同署は殺人未遂の疑いで、逃げた男の行方を追っている。

南署によると、バーは会員制のインターネットカジノも兼ねており、営業中に店内に入ってきた男がいきなり発砲したとみられる。

男の対応に当たった従業員が頭部を、その後に客が左胸部を撃たれた。他に30代の男性従業員がいたが、別室にいたためけがはなかった。

男性2人が撃たれ重体で犯人は現在も逃走中です。

早く捕まるといいですが。

スポンサードリンク

バーファイブ(会員制)場所(住所)や経営者は?

バーファイブ(会員制)場所です。

場所は、大阪市中央区宗右衛門町のビル3階です。

バーファイブは会員制ですが、実はインターネットカジノ店とみられます。

ネットカジノ店は暴力団の資金源となっていることが多いそうです。

何か色々裏がありそうな今回の事件ですね。

経営者のトラブルなどによるものかもしれませんが、経営者については現在調査中です。

スポンサードリンク

オンラインカジノとは?

今回、事件が起きたバーファイブはオンラインカジノということで
初めて聞いた方もいると思います。
そしてカジノは日本では違法なのでオンラインカジノを違法なのか気になります。
 オンラインカジノとは
オンラインカジノとはインターネットを通じてPCやスマホ、タブレットで本場のカジノを体験できるオンラインのカジノゲームの事です。
24時間いつでもプレーできます。そしてチップ購入の代金を振り込む事で、実際のお金でプレーする事が出来ます。
優良オンラインカジノは、カジノが認められている国あるいは州の正式なライセンスを取得しており、ほとんどの優良オンラインカジノでは毎月、支払い率(ペイアウト率)を監査法人を通じて行っておりギャンブルとしてはかなり信頼性が高いです。
 スポンサードリンク

オンラインカジノは日本では違法?合法?

オンラインカジノは日本では違法?合法?なのか気になります。
結論から言うと現在は違法ではありません。
現在の日本の場合は、まだインターネット関係の法律が未整備で合法とも違法とも結論を出していません。
そして、実際にプレーをしている人が日本で逮捕された事も現在はありません。
今回の事件でオンラインカジノが話題になり今後、法の整備などがされる可能性はありますね。

スポンサードリンク

犯人顔画像や特徴は?

犯人は現在も逃走中です。

みなさん気を付けてください。

犯人顔画像が気になります。

画像は逃走の際に近くの防犯カメラに

映った犯人です。

わかりにくですが、雨なのに傘をささないで、ダッシュで逃げています!

追記

犯人が指名手配されました。見つかり次第逮捕ですね。

名前:井川真一

職業:不詳

年齢:34歳

身長:160㎝ぐらい

髪型:短髪

服装:グレー長袖と長ズボン

犯人が早く見つかるといいですね。

見つかるまではミナミに行くのは控えた方がいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

犯人犯行動機は?

は次のページへ

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする