稲川貴大はロケット会社社長でWiki経歴!高校や大学や年収は?結婚や彼女は?【逆転人生】




今回の逆転人生は稲川貴大が登場します。

ロケット会社社長です。

Wiki経歴や高校や大学や年収が気になります。

結婚や彼女とともに詳しく調べました。

スポンサードリンク

  • 稲川貴大(ロケット会社社長)Wikiプロフィール(高校・大学)
  • 稲川貴大(ロケット会社社長)の経歴は?
  • 稲川貴大(ロケット会社社長)の結婚や彼女は?
  • 稲川貴大(ロケット会社社長)の年収は?
  • まとめ

稲川貴大(ロケット会社社長)Wikiプロフィール(高校・大学)

稲川貴大(ロケット会社社長)Wikiプロフィール(高校・大学)です。

名前:稲川貴大(いながわたかひろ)

生年月日:1987年

年齢:32歳

出身:埼玉県

学歴:東京工業大学大学院機械物理工学専攻修了

職業:ロケット会社社長(インターステラテクノロジズ)

インターステラテクノロジズは北海道大樹町に本社があります。

ロケットを開発する宇宙開発ベンチャー企業です。

スポンサードリンク

稲川貴大(ロケット会社社長)の経歴は?

稲川貴大(ロケット会社社長)の経歴です。

幼少期からものづくりが好きで、ガンダムのプラモデルにハマります。

高校生の時は工芸部に所属し、木工家具づくりにハマります。

大学生の時は鳥人間コンテストにハマり、自身も大学のチームで優勝もします。

ずっとものづくりに携わっているのですね。

現在はロケットを開発しています。

大学院を卒業後、13年にインターステラテクノロジズに入社します。

この時別の企業に内定が決まっていたものの、出所したばかりの堀江貴文と会う機会がありました。

そこでロケット作りに誘われて、インターステラテクノロジズに入社したといいます。

運命ですね。

その翌年には代表取締役となりました。

当時は社長一人の会社で、稲川貴大がはじめての社員でした。

座右の銘は「地球は人類のゆりかごである。しかし人類はいつまでもこのゆりかごに留まってはいないだろう」です。

これはロシアのロケット科学者であるツィオルコフスキーの言葉です。

19年5月に打ち上げた観測ロケット宇宙品質にシフト MOMO3号機は、日本の民間企業単独開発のロケットとして初の宇宙空間に到達し、話題となりました。

スポンサードリンク

稲川貴大(ロケット会社社長)の結婚や彼女は?

稲川貴大(ロケット会社社長)の結婚や彼女です。

稲川貴大の結婚の情報はありませんでした。

年齢からすると結婚して子供がいてもおかしくはないですね。

また、彼女の情報もありませんでした。

こんかに最先端なロケット作りの会社の代表で、夢がある仕事を全力でしていますから、魅力がある男性ですよね。

今は仕事に夢中なのかもしれませんね。

スポンサードリンク

稲川貴大(ロケット会社社長)の年収は?

は次のページへ

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする