池江璃花子(競泳)が白血病!ステージや完治の可能性や復帰はいつ?東京オリンピックは間に合うか?

競泳の池江璃花子が白血病を告白しました。

本当に信じられません。

池江璃花子(競泳)が白血病の現在の状況について気になりましたので詳しく調べてみました。

スポンサードリンク

  • 池江璃花子(競泳)が白血病について
  • 池江璃花子(競泳)が白血病入院する病院は?
  • 池江璃花子(競泳)が白血病で完治の可能性は?
  • 池江璃花子(競泳)が白血病で復帰時期や東京オリンピックは間に合う?
  • まとめ

【おすすめ関連記事】

水泳の池江璃花子選手が白血病を告白しました。 この白血病は骨髄移植を必要とする病気で、世間では骨髄バンク登録をする人が急激に増えて ...

池江璃花子(競泳)が白血病について

池江璃花子(競泳)が白血病を自身のツイッターで発表しました。

本当に心配です。

競泳女子で来年東京オリンピックの金メダル候補の池江璃花子(18=ルネサンス)が12日、白血病であることを自身のツィッターで告白した。

「応援してくださる皆様、関係者の皆様へご報告があります。

日頃から応援、ご支援を頂きありがとうございます。

この度、体調不良としてオーストラリアから緊急帰国し検査を受けた結果、「白血病」という診断が出ました。

私自身、未だに信じられず、混乱している状況です。

ですが、しっかり治療をすれば完治する病気でもあります。

今後の予定としては、日本選手権の出場を断念せざるを得ません。今は少し休養を取り、治療に専念し、

1日でも早く、また、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたいと思います。

これからも温かく見守っていただけると嬉しいです。

池江璃花子」(原文まま)

池江は先月18日から約3週間の予定でオーストラリア合宿に出発。

今月7日までの予定だったオーストラリア合宿を途中で切り上げて帰国していた。

スポンサードリンク

池江璃花子(競泳)が白血病入院する病院は?

今月7日までの予定だったオーストラリア合宿を途中で切り上げて帰国後病院で検査しました。

検査した病院や今後入院する病院が気になります。

現在の所どこの病院かはわかっていませんが、水泳界のスーパースターです。

水泳協会など様々なバックアップが考えられます。

当然、日本で一番の先生や病院で治療することが考えられます。

スポンサードリンク

池江璃花子(競泳)が白血病でステージや完治の可能性は?

池江璃花子自身も、未だに信じられず、混乱している状況です。

と言っています。

本当に本人が一番ショックでビックリでしょう。

しかし、しっかり治療をすれば完治する病気でもあります。

と言っていますのでしっかり治療して完治させてほしいです。

白血病にはがんのように病気の広がりを示すステージという考えはありません。

現在の病期はおそらく初発(未治療)だと思います。

白血病とは

白血病は血液のがんです。血液細胞には赤血球、血小板、白血球がありますが、これらの血液細胞が骨髄でつくられる過程で、がんになります。

がん化した細胞(白血病細胞)は、骨髄内で増殖し、骨髄を占拠してしまいます。そのため、正常な血液細胞が減少し、

貧血、免疫系のはたらきの低下、出血傾向、脾臓(血液を貯蔵しておく臓器)の肥大などの症状があらわれます。

詳しい事は現在調査中です。

スポンサードリンク

池江璃花子(競泳)が白血病で復帰時期や東京オリンピックは間に合う?

は次のページへ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする