本間希樹(ほんままれき)の結婚した妻や子供は?wiki(経歴・高校)年収や史上初のブラックホールの撮影裏側!【情熱大陸】




今回の情熱大陸は、本間希樹(ほんままれき)が出演します。

史上初のブラックホールの撮影裏側をしたと有名です。

結婚した妻や子供が気になります。

wiki(経歴・高校)年収とともに詳しく調べました。

スポンサードリンク

  • 本間希樹(ほんままれき)wikiプロフィール(高校・大学)
  • 本間希樹(ほんままれき)経歴
  • 本間希樹(ほんままれき)ブラックホールの撮影裏側!
  • 本間希樹(ほんままれき)結婚した妻(嫁)や子供は?
  • 本間希樹(ほんままれき)の年収は?
  • まとめ

本間希樹(ほんままれき)wikiプロフィール(高校・大学)

本間希樹(ほんままれき)wikiプロフィール(高校・大学)です。

名前:本間希樹(ほんままれき)

生年月日:1971年

年齢:48歳

出身:アメリカ合衆国テキサス州

在住:岩手県単身赴任中

学歴:東京大学大学院理学系研究科天文学専攻博士課程を修了し、博士(理学)の学位を取得

職業:国立天文台教授、総合研究大学院大学教授、国立天文台水沢VLBI観測所教授

主な研究分野:銀河系天文学、位置天文学、ブラックホール観測

専門は、超高分解能電波観測による銀河系天文学

特に、銀河系の構造研究と、巨大ブラックホールの研究していますよ。

なんだか難しそうですね。

今回、人類史上初めてブラックホールの撮影に成功したというニュースがあり、本間希樹が世界中から注目されました。

今や時の人ですね。

スポンサードリンク

本間希樹(ほんままれき)経歴は?

本間希樹(ほんままれき)経歴です。

本間希樹は幼少期から星を見るのが好きで、自然科学の研究者を志して東京大学に入学しました。

東京大学大学院博士課程修了後、国立天文台の研究員になりました。

その後、「VERAシステム」のリーダーを務め、2014年「自然科学研究機構若手研究者賞」受賞します。

2015年から、国立天文台教授、総合研究大学院大学教授を務めています。

現在も岩手県水沢にあるVLBI観測所長として岩手県に単身赴任中ですよ。

巨大ブラックホールを事象の地平線スケールまで分解する、EHT(Event Horizon Telescope)プロジェクトに日本側責任者として参加し、銀河の中心部にあるとされる巨大ブラックホールの存在の確認に挑んでいます。

スポンサードリンク

本間希樹(ほんままれき)ブラックホールの撮影裏側!

本間希樹(ほんままれき)ブラックホールの撮影裏側です。

そもそもブラックホールはその特性上、直接的な観測を行うことは困難と言われていました。

ブラックホールは、恒星、惑星、ガス、塵、光をも近くに寄れば飲み込んでしまいます。

得体の知らないもので恐怖でしかないですね。

ブラックホールの姿を明らかにするという本間希樹のプロジェクトは成功すればノーベル賞とも言われていました。

その天文学者にとって長年の夢だったブラックホールの撮影画像を国際研究チームが2019年4月10日発表しました。

長年研究を重ねてきた結果です。

今回の撮影によってとらえたのは、太陽65億個分の質量をもつ超大質量ブラックホールです。

なんだか、新しいなにかが幕を開けた瞬間のようですね。

スポンサードリンク

本間希樹(ほんままれき)結婚した妻(嫁)や子供は?

本間希樹(ほんままれき)結婚した妻(嫁)や子供です。

本間希樹は、結婚して子供がいます。

妻は、一般人の方です。

子供は娘2人と息子1人おり、長女は天文部に所属しています。

現在、本間希樹は、岩手県に単身赴任中なので少し寂しいでしょうね。

しかし、これだけの経歴があり、ルックスも素敵な本間希樹ですから、自慢のお父さんでしょう。

スポンサードリンク

本間希樹(ほんままれき)の年収は?

は次のページへ

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする