ガンバレルーヤよしこ入院して手術する病院や休養期間は?下垂体腺腫(かすいたいせんしゅ)とはどんな病気で症状は?

女性お笑いコンビのガンバレルーヤのボケ担当のよしこ(28)が下垂体腺腫と診断され、手術のため一時休養することが11月16日に発表されました。

よしこを襲った下垂体腺腫や入院して手術する病院が気になりましたので調べてみました。

スポンサードリンク

  • ガンバレルーヤのよしこ下垂体腺腫の発見経緯は?
  • 下垂体腺腫(かすいたいせんしゅ)とはどんな病気?
  • 下垂体腺腫(かすいたいせんしゅ)原因は?
  • ガンバレルーヤのよしこが受ける手術は?
  • ガンバレルーヤのよしこが入院している病院は?
  • ガンバレルーヤのよしこ休養期間は?

【おすすめ関連記事】

和田アキ子(アッコ)の目がおかしい(異変)に気づいたでしょうか。 原因は眼瞼下垂(がんけんかすい)で手術(整形)しました。 12...
SexyZone松島聡が突発性パニック障害で休養に入りました。 松島聡の突発性パニック障害について気になりましたので詳しく調べてみまし...
日産カルロスゴーン会長が自らの報酬を過少に申告した金融商品取引法(金商法)で逮捕され ます。 これは世界に大きな影響を及ぼすビッ...

ガンバレルーヤのよしこ下垂体腺腫の発見経緯は?

今回の下垂体腺腫が発見された経緯です。

発表によると人間ドックで腫瘍が見つかったようです。

よしこは、人間ドックを受診した際に、ホルモン産生の良性の腫瘍が見つかり、担当医師と相談した結果、腫瘍を取り除く手術を受けることとなりました。

よし子の主要の大きさなどはわかりませんが人間ドックでみつかってよかったですね。

まだ28歳なのにしっかり人間ドックを受けてよかったですね。

スポンサードリンク

下垂体腺腫(かすいたいせんしゅ)とはどんな病気?

よし子を襲った下垂体腺腫(かすいたいせんしゅ)とはどんな病気なのでしょうか。

下垂体腺腫(かすいたいせんしゅ)とは3番目に多い脳腫瘍です。

下垂体腺腫はホルモン産生つまり内分泌に関わる下垂体と呼ばれる器官のなかで、その前葉と呼ばれる部分から発生する腫瘍です。成人(20~50歳)に多く、3番目に多い脳腫瘍です。殆どが良性であり、悪性のものはごく稀です。

一般的にホルモンを産生せず、大きくなって視力視野の障害を呈するものと、ホルモンを産生してホルモン分泌異常による症状をきたすものの2通りがあります。

脳腫瘍という事で殆どが良性であるとは言え脳の腫瘍は怖いですよね。

命に直接関係なくても視力視野の障害を呈すのは生活するうえで不便ですね。

スポンサードリンク

下垂体腺腫(かすいたいせんしゅ)原因は?

下垂体腺腫(かすいたいせんしゅ)原因はなんなんでしょうか。

3番目に多い脳腫瘍ということで、原因が気になります。

下垂体腺腫に限らず、脳腫瘍の原因のほとんどは明らかになっていません。

原因がわからないのも誰に起こるかわからないし、予防も出来なく怖いですね。

今回のよしこの下垂体腺腫の原因もわかってないようです。

可能性としては遺伝や転移の二つが原因としての可能性が高いそうです。

今後、医学が発展して脳についてさらに解明されていくといいですね。

スポンサードリンク

ガンバレルーヤのよしこが受ける手術は?

ガンバレルーヤのよしこが受ける手術ははっきりとは分かりませんが、

一般的にはハーディの手術と呼ばれ、鼻から下垂体に向かってアプローチする方法が取られることが一般的だそうです。

頭の骨を開けて行う手術は特殊な場合にしか行われないようです。

頭の骨を開けるのは怖いですね。

よし子も一般的にはハーディの手術だといいですね。

一般的には手術により術前の視力・視野障害が80%で改善すると言われています。

【追記】

事務所の発表によると手術は、開頭手術ではなく、鼻から内視鏡のチューブを入れて患部を除去する手術になる予定との事ですのでハーディー手術のようです。

ガンバレルーヤのよしこが入院している病院は?は次のページへ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする