バカ貝(アオヤギ)三重県津市通販お取り寄せ!青空レストランバカうまレシピ(酒蒸し・パスタ)!




今回の青空レストランは、三重県津市のバカ貝(アオヤギ)です。

青空レストランでは、毎回旬の食材をテーマに美味しいものの紹介をしてくれますよ。

三重県津市通販お取り寄せや青空レストランで紹介していたバカうまレシピ(酒蒸し・パスタ)が気になります。

詳しく調べました。

スポンサードリンク

  • 三重県津市バカ貝(アオヤギ)とは?
  • バカ貝(アオヤギ)の値段は?
  • 三重県津市バカ貝(アオヤギ)通販お取り寄せは?
  • 青空レストランのバカ貝(アオヤギ)レシピは?
  • まとめ

三重県津市バカ貝(アオヤギ)とは?

三重県津市バカ貝(アオヤギ)とはです。

バカ貝の他に、あおやぎ、ばかとも呼ばれています。

マルスダレガイ目バカガイ科という分類です。

バカガイなんて、不思議な名前ですよね。

名前の由来は色々ありますが、水揚げしてカマスに入れておくとだらしなく足(舌)を伸ばしているので「ばかのようだ」というものや、昔、東京千葉県などで「バカのようにたくさんとれた」ためとも言われています。

調理法は、刺身、煮貝、天ぷら、味噌汁となんでも美味しくいただけますよ。

バーベキューの時、炭火で焼いても、 ぷりっとジューシーで絶品です。

江戸前寿司のネタにもかかせません。

殻長は、8〜10cmで、見た目は蛤に似ていますが、バカガイの殻は薄く壊れやすいので、取り扱いに注意ですね。

タウリン、葉酸、亜鉛、カリウムが豊富で、栄養満点ですよ。

スポンサードリンク

バカ貝(アオヤギ)の値段は?

バカ貝(アオヤギ)の値段です。

バカ貝(アオヤギ)の旬は2月3月です。

バカガイは殻つきで流通することは少なく、むき身のものを販売していることが多いです。

楽天市場で販売されているバカ貝は、国産で値段は500グラムで約2800円でした。

とれ高や、お盆や正月などの行事がある時には価格の変動があります。

現在では漁獲量が低下し、その朱色の身の美しさ、旨みが評価され、特に大星と呼ばれる小柱の大きなものは高級品として取引されています。

銀座で寿司は一貫1000円ほどする実は超高級な貝です。

刺身、佃煮、酒蒸しなど、楽しみ方がいろいろとあるバカ貝ですから、是非購入したいですね。

スポンサードリンク

三重県津市バカ貝(アオヤギ)通販お取り寄せは?

三重県津市バカ貝(アオヤギ)通販お取り寄せです。

楽天市場で購入できます。
津市のではないですが、バカ貝です。

1kg(1個80-100g、約8-12個)で5400円でした。

殻付きなので、剥いたものより鮮度が高い状態で届くので、一番のおススメはお刺身とのことです。

バカガイの殻は薄く、壊れやすいので殻付きのまま販売されているのは珍しいですね。

新鮮なので刺身もいいですが、殻付きのまま炭火焼もいいですよね。

色々な調理法で楽しめるので、沢山購入したくなります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

舌切 (青柳)
価格:1296円(税込、送料別) (2019/4/6時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小柱
価格:1890円(税込、送料別) (2019/4/6時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】I8青柳姫貝(珍味)
価格:10000円(税込、送料無料) (2019/4/6時点)

スポンサードリンク
青空レストランのバカ貝(アオヤギ)レシピは?
は次のページへ

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする